山岡賢次大臣の旧姓は金子、佐藤、藤野という怪

女性が結婚によって姓が変わるというのはあります。しかし、一般にはそれ相応の理由なしに姓が変わったりはしません
現在、野田内閣で国家公安委員長を務める山岡賢次大臣の場合、頻繁に姓が変わっおりその素性・出自が疑問視されています

【山岡賢次研究】山岡氏は超リッチ…知られざる高級マンションの一室

元々は金子賢二という名前だったそうですが、その後は姓も名も変わっています
金子賢二
佐藤賢二
藤野賢二
藤野賢次
山岡賢次

こんな話題をブログに書くと、またどこかの弁護士から「名誉毀損だ。記事を削除しろ」と要求されそうですが
このあたりの経緯について書かれたウェッブサイトがあります

山岡賢次

どこまで信ぴょう性があるのかは不明なので、各人で判断してください
それにしても、作家山岡荘八の娘婿になったとはいえ、山岡荘八の本名は藤野ですから藤野姓であるのが本来の姿でしょう
作家が日常生活に支障がないようペンネームに改姓するのなら分かりますが、山岡賢次は作家ではありませんし、山岡姓を名乗る必然はまったくありません
選挙目当てで、作家山岡荘八の縁者であるのを有権者にアピールするためだけにわざわざ山岡姓に変更したように思えます。家庭裁判所もよく許可したものだと呆れます
他にも山岡賢次はマルチ商法を展開している企業から政治献金を受け取っており、マルチ商法との関わりが取りざたされています
そんな人物が消費者担当大臣を兼務しているというのは、ブラックジョークと言うほかありません

(関連記事)
新年早々、山岡大臣失言連発
民主党山岡国対委員長の三男出馬 世襲ですか?
防衛相が宮中晩餐会欠席 民主議員のパーティに出席
死刑を執行しない民主党政権への疑問
平岡法務大臣 自らの問題発言を謝罪


織田信長(1) 無門三略の巻(山岡荘八歴史文庫 10)
講談社
山岡 荘八

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 織田信長(1) 無門三略の巻(山岡荘八歴史文庫 10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル