中国 輸送中の70トンの爆薬が爆発、死傷者多数

中国貴州省福泉市で11月1日、民間向け爆薬の輸送車が爆発し、多くの死傷者が出ていると報じられました
中国では毎年、春節の行事として大量の爆竹を鳴らす慣行があり、多くの死傷者を出しているのですが、それとは比べものにならない事件です

貴州で爆薬70トン爆発事故「需要急増に伴う安全への警鐘」

70トンの爆薬(ダム工事などで使用するダイナマイトだと思われますが)を2台の車で輸送している途中だった、と記事に書かれています
しかし、記事を読んでもなぜこのような事態になったのか、よく分かりません
記事では、「国が民用爆薬業界に対して厳しい許可制度をとっていることから、『民用爆薬の爆発事故は近年まれだった』」と書かれていますが、そもそも70トンもの爆薬を1度に輸送するなど考えられない話です
1度に大量の爆薬を輸送すれば、いざ爆発したときには大きな被害を招くからです
輸送するなら少量に分け、万が一にも爆発しても被害を最小限に留められるよう配慮するのが当然でしょう
中国にはそのような輸送量を制限する法律上の規定がなかったのでしょうか?
そうした規定もなしに、「国が民用爆薬業界に対して厳しい許可制度をとっている」と書いたところで何の実もありません
業者が政府の制限を無視し、大量の爆薬を輸送しようとしたのなら理解できますが
あるいは、「民間の爆薬爆発事故はまれだった」という記述も不可解です
上記のように中国では春節に大量の爆竹を鳴らします
そのため政府の認可を受けた工場、あるいは無認可の工場で毎年爆発事故が起きており、どこが「まれ」なのかと思ってしまいます
インターネットで検索すれば、中国で爆竹販売店や製造業者の爆発事故が頻繁に発生しているのが分かります
安全を無視し、危険を承知で無茶をする国民性が染み付いてしまっている以上、中国の国民がその被害に遭う事態は避けられません
安全に配慮し、事故を起こさないようにするという当たり前の取り組みが、中国ではとてつもなく困難であるという事実をあらためて知らされる事故です

(関連記事)
中国で完成したばかりの橋が崩落
インドネシアで橋が崩壊 中国が建設した欠陥構造物?
中国のスクールバス事故 9人定員に64人乗る
中国のイケア 無料コーヒーに群がり売り物のベッドで仮眠
上海地下鉄事故に呆れる中国人
中国高速鉄道でまたトラブル 車内に煙が
中国 科学技術政策を自画自賛
中国高速鉄道事故 ネットで世論を操作する政府
中国高速鉄道事故 人為的なミス
中国高速鉄道事故 なぜ追突を防げなかったか
中国鉄道事故 「日本のレベルに追いつくのは簡単」と豪語していた
中国のパクリ新幹線、トラブル頻発


中国ビジネス とんでも事件簿 (PHP新書)
PHP研究所
範 雲涛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国ビジネス とんでも事件簿 (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル