ティッシュ王子「孤独なエリート」という表現の怪

会社から多額の金を借り出し、ギャンブルに注ぎ込んだ大王製紙前会長井川意高(もとたか)について、産経新聞は「孤独なエリートの暴走」という記事を書いているのですが、なんとも腑に落ちない内容です

(引用元記事が削除されました)

孤独なエリートではなく、人と対等に付き合う方法を学ばず、身につけて来なかった者の末路ではないか、と自分は感じます
常に「自分は他の人間とは違い」と思い続け、結果として他者を怖れ、警戒し、見下し、遠ざけてきたのでしょう
孤独というより自らの周囲に壁を築き、その内側に引きこもった状態だと言えます
会社では地位がモノを言うので自分の思うがままに振る舞えるのでしょう
銀座のクラブでは札びらを切ってホステスを自由に扱えたのかもしれません
しかし、会社や銀座のクラブ以外では大王製紙の会長という肩書きで何でもできるわけではなく、努力して人間関係を築かなければなりません
それが嫌だからこそ、銀座のクラブに通いつめ、あるいは身の回りにイエスマンを並べていたのだと思います
東大法学部卒のエリートといえども、その学歴や肩書きだけで世間を渡っていけるものではないのですから
どんな立派な創業者がいたとしても、三代目にして落ちぶれるパターンがあります
井川家にも格調高い家訓が存在したようですが、そんなものはただの文字にすぎません。家訓を暗唱し、壁に貼っていたとしても、人の心の指針にならない例もあるわけです
世間知らず、ボンボン、驕りなどなど、さまざまに井川容疑者を形容できるわけですが、「孤独なエリート」という表現ほど場違いなものはないと思います
勘ぐって考えるなら、井川容疑者は自分の出自に対する不満、敵意があり、「こんな家、めちゃくちゃになればいい」という衝動が内に秘められていた可能性もあるのでしょう。常の束縛され、行動を規制され、勉学を強制され、東大を出ろと命令されてきたのですから
その恨みは根深く、銀座で豪遊するくらいでは晴れなかったと推測されます
ギャンブルで親たちが築いてきた富を散財させるのが、井川容疑者にとっては復讐であり、快感だったのかもしれません

(関連記事)
24億円横領犯と飲み歩いていたラモス瑠偉
バドミントンの桃田、田児選手が違法賭博関与発覚
本にカジノは必要か?
100億円使い込み ティッシュ王子の高飛車な謝罪文
「ティッシュ王子」大王製紙会長はギャンブル狂 80億円注ぎ込む
ティッシュ王子こと大王製紙の井川会長 80億円の使い込み発覚
ソフトバンク メガソーラー計画も看板倒れか?
東電社長記者会見 切れたら負け
セクハラおやじ
アート引越センター会長が淫行で辞職
ノエビア副社長 ストーカー行為で逮捕
4人死亡の「焼肉酒家えびす」社長 土下座
VW排ガス不正 ガソリン車にも拡大
フォルクスワーゲン不正問題 原因と責任はどうなったか?
VW排気ガス不正 4年前から社内では知られていた
フォルクスワーゲンが排出ガス規制で不正工作
セブン&アイ会長を辞任した鈴木氏をやたら褒めるメディア


社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
日経BP社
板倉 雄一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル