伊藤博文暗殺犯である安重根を聖人にしようとする韓国

初代朝鮮総督府統監であった伊藤博文を暗殺した朝鮮人安重根を、韓国のカトリック教会は聖人として認めるよう運動を行なっているそうです
聖人になるための前提として、韓国カトリック教会は安重根を「福者」に推挙したと報道されています

伊藤博文暗殺の安重根が「準聖人」になるのか 韓国カトリック教会が「福者」に推薦

韓国では安重根を「民族のため伊藤博文を殺した義士」だと宣伝しています
その義挙は「単なる暗殺ではない」と韓国カトリック教会は言いたいのでしょう
しかし、安重根の行動が本当に朝鮮民族のための義挙であったかは不明です
安重根は一時期、日本の国粋主義団体に加入しており、そこで伊藤博文が明治維新の前に公武合体派であった孝明天皇を暗殺したという話を耳にし、伊藤に殺意を抱いたとする説もあります
孝明天皇は天然痘のため逝去したとされていますが、岩倉具視らによる暗殺説がまことしやかに唱えられており、真相は不明です
安重根が死刑判決を受けた後、面会した日本人弁護士の手帳に「為日非為韓」と書き、自分の行動は「韓国のためではなく日本のためだ」と心境を現したという話もあります
しかし、こうしたエピソードはどのようにも解釈できますので、安重根が何を考えて伊藤博文暗殺に踏み切ったのかは判然としません
やはり初代朝鮮総督府統監という経歴ゆえに命を狙われた、と解釈した方がよさそうに思えるのですが
だからといってカトリック教会(バチカン)が安重根を福者として列福させるとは限りませんし、その可能性は限りなく低いと考えられます
歴史的な背景はどうあれ、安重根の行為はテロであり、これを正当化して聖人に列するなど、バチカンが認めるはずがありません

(関連記事)
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
安部首相暗殺小説を堂々と出版する韓国
「安重根は犯罪者」発言にブチ切れる韓国政府
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
大物詐欺師許永中が仮釈放されていた
韓国政府が安重根死刑囚の情報提供を日本に要求
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
「原発事故で日本総理は韓国移住決意」という韓国のトンデモ小説


伊藤博文 近代日本を創った男
講談社
伊藤 之雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伊藤博文  近代日本を創った男 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル