小沢一郎待望論を諦めない日刊ゲンダイ

話のネタの提供元として欠かせない日刊ゲンダイですが、いまだに小沢一郎待望論を掲げ、「それだけに、小沢の出番なのである。いま永田町を見渡して、小沢を上回る馬力と見識をもった政治家はいない。手勢の数だって人脈だって一番。立ち上がれば政治の流れは確実に変わるのだ」と絶叫しています

永田町の政治は古過ぎる 動かぬ小沢に失望落胆する声

小沢一郎の手勢の中に果たして有能な国会議員がどれだけいるのか、疑問です
小沢ガールなどと呼ばれた新人議員に国政を委ねられるわけもありません
記事の中で老政治家はしがらみに囚われ、身動きができなくなっていると指摘しているのですが、それは小沢一郎とその古い仲間たちとて同じでしょう
国民の大多数は小沢一郎を利益誘導型の古い政治家だと見ており、小沢がやろうとしているのは改革などではなく、利権の分配の仕組みを自分に都合の良い方向へ組み替えるだけ、と看破しているからこそ、小沢一郎を支持しないのです
小沢一郎とて民主党代表選挙に名乗りを上げる機会がこれまでに何度もあったのですが、決して動きませんでした
民主党内で小沢一郎を担ごう、との声が大勢を占めるのなら引き受けると言わんばかり態度に終始していたわけで、自ら政権奪取の機会を見送ってきたと指摘できます
つまり大局観が欠如しているのであり、決して豪腕ではないのは明らかです
大局観に欠ける政治家は野心があっても天下は獲れません
有り体に言えば、小沢一郎はすでに終わった政治家です
日刊ゲンダイがどこまで小沢一郎待望論にしがみつくつもりなのかは分かりませんが、その必死な様相はもはやネタと言うほかないでしょう

(関連記事)
小沢一郎待望論にしがみつく人たち
小沢一郎「キリスト教は排他的で独善的」発言
小沢一郎のキリスト教批判 2
小沢一郎のキリスト教批判 3
小沢一郎の放言 アメリカメディアが報じる
小沢一郎の地元ダムだけ建設決定 ほかは中止
小沢一郎は辞任を 新聞各紙の社説
世論調査「小沢辞任すべき」 7割
小沢一郎こそ正義 日刊ゲンダイの暴言
小沢一郎を擁護する鳥越俊太郎の異様さ
小沢一郎の秘書3人に有罪判決 陸山会事件
豪腕政治家小沢一郎 離婚をつきつけられる
政治家小沢一郎 泥沼離婚騒動の続報


誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
角川書店(角川グループパブリッシング)
カレル・ヴァン・ウォルフレン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル