島田紳助復帰をブチ上げた吉本興業社長の思惑

先日もブログで書いたように、吉本興業の社長が創業100周年に関する行事の中で引退した島田紳助に言及し、「私たちは彼の才能を惜しむものであります。願わくば、社会の皆様、ファンの皆様、そしてマスコミの皆様のご理解を得ていつの日か、私たち吉本興業に戻って来てもらえるものだと信じています」と発言し、物議を醸しました
世間一般では、「島田紳助復帰はあり得ない。吉本興業は何を考えているのか?」との反応が大勢を占めているわけですが、なぜこの時期に社長がわざわざ島田紳助復帰を口にしたのか気になります
芸能記者の主張なので、これが世間一般の考えと合致しているとは思えません
島田紳助に釈明会見をやらせたところで、いまさら何が明らかになるのでしょうか?
ワイドショーにすれば島田紳助と芸能レポーターの丁々発止のやりとりが放映でき、おいしい企画なのでしょうが、それで「禊が済んだ。芸能界復帰だ」という方向に進むのは納得できません
勘ぐった見方の1つとして、以下のような噂を書いているウェッブサイトもあります


島田紳助の復帰発言の真相は?
今年の紅白歌合戦は暴力団とつながりのある歌手をNHKが排除するのではないかとうわさになっていたが、結局、例年とほぼ同じようなメンバーで繰り広げられた。
これは暴力団とつながりのある歌手があまりにも多く、真面目に排除をすると、出場者は鈴木福くんと芦田まなちゃんだけになってしまうからだと言われている。
NHKのこの判断は暴力団排除条例に対するテレビ局の付き合い方についての基準となるものであり、吉本興業はリスクヘッジをしすぎたと後悔している節がある。
島田紳助程度の暴力団との付き合いは演歌界ではかわいいもんであり、そんな演歌歌手たちが紅白に出場できるのであれば島田紳助が引退する必要などなかった。


あくまで「都市伝説・陰謀論」と銘打ったサイトですので、信ぴょう性は各自で判断願います
ただ、稼ぎ頭であった島田紳助引退が吉本興業の売上にダメージを与えたのは事実でしょうし、「引退させずに何らかの形で島田紳助を残しておけばよかった」と社長が後悔している可能性は感じられます
しかし、社長の思惑はどうあれ、島田紳助に対する拒絶反応がはっきりしている段階で何か復帰のための策はあるのでしょうか?
どのような形であろうと批判を招くのは確実でしょう
どこかのテレビ局が引退後の島田紳助を密着取材し、テレビカメラの前で心境告白をさせるという手も考えられますが、本人の言い分を一方的に流すだけで何の真実味もありません
視聴率は稼げても批判を浴びるのは見え見えですから、テレビ局にそんなリスクを負う覚悟があるとは思えません

(関連記事)
引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
次長課長河本準一の母 生活保護不正受給疑惑
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
島田紳助引退 ヘキサゴンファミリーの行く末
紳助引退で暴力団擁護発言をした小倉智昭キャスター
島田紳助引退ではしゃぐメディアの怪
島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える
「好きな男・嫌いな男」芸能人ランキング
男が選ぶ「嫌いな男 好きな男」ランキング 週刊SPA!
板東英二 姑息な謝罪会見
脱税発覚の板東英二 出演番組打ち切り相次ぐ
板東英二 脱税でタレント生命はどうなるのか
ノンスタイル井上裕介 タクシー当て逃げで謹慎
カラテカ入江 闇営業で解雇処分
カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎
闇営業で宮迫100万円、田村亮50万円受け取る
吉本興業社長会見が火に油 コンプライアンス不在の無法


笑いの経済学 ―吉本興業・感動産業への道 (集英社新書)
集英社
木村 政雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 笑いの経済学 ―吉本興業・感動産業への道 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル