朝日新聞社説「成人の日に 尾崎豊」

何が何でも朝日新聞を槍玉に挙げ批判するつもりはないのですが、成人の日に向けて発した社説がいかにも朝日新聞らしい言い草(あえて主張とは呼びません)なので取り上げます

成人の日に―尾崎豊を知っているか
ああ、またオヤジの「居酒屋若者論」か、などと言わずに、聞いてほしい。
キミが生まれた20年前、ロック歌手・尾崎豊が死んだ。その時のオヤジより少し下の26歳。雨中の追悼式に、4万人が長い長い列を作ったものだ。
新聞には「高校を中退し、自由を求めて外に飛び出した彼の反骨精神が、僕を常に奮い立たせていた」と投書が載った。
彼が「卒業」「15の夜」といった曲で歌ったのは、大人や社会への反発、不信、抵抗。恵まれていないわけじゃないのに、「ここではない、どこか」を探し、ぶつかり、傷つく。
その心象が、若者の共感を呼んだ。尾崎の歌は高校の教科書にも採用されたほどだ。
ところが最近は、うんざり顔をされることが多いらしい。

と、朝日新聞は最近の若者には尾崎豊が受け入れられていない、共感されないと嘆いて見せます
尾崎豊=若者の代弁者、若者のカリスマという認識から抜けだせず、尾崎豊を語る行為はすなわち現代の若者について語る行為だと思い込んでいるのでしょう
尾崎豊の歌に共感した若者が多かった、としてもあくまでそれは尾崎豊と同じ時代を生きた若い人達であって、現代の若者にとって尾崎豊は過去の人です
つまりアイドルとして(アーティストとして)、同じ時代の人たちの共感を得ていたのであり、時代を超えた「若者のカリスマ」として君臨しているわけではありません
朝日新聞は根本的に思い違いをしているのです

オヤジと同世代、精神科医の香山リカさんは毎年、大学の授業で尾崎豊を聴かせ、感想を問うてきた。ここ数年「自己中心的なだけじゃないか」「何が不満かわからない」と、批判的な意見が増えているという。
教室に居並ぶのは、親や世の中に従順な若者たち。キミと同い年なら、石川遼くん?
でも、就活の道は険しいし、滑り落ちたら、はい上がるのは難しい。時代は、尾崎のころよりずっとずっと生きづらい。
だけどキミたちは「自分にスキルが欠けるから」と、どこまでも謙虚だ。格差も貧困も「自己責任さ」と、受け入れてしまっているようにみえる。
尾崎豊はどこへ行ったのか。

「尾崎豊はどこへ行ったのか?」と朝日新聞は恨み言を口にするのですが、そもそも尾崎豊はどこへも行ってません
人々の関心が(尾崎豊後に生まれ、育った若者の関心が)、尾崎豊ではなくAKB48などに向いているだけの話です
しかし、朝日新聞は若者が格差社会に怒り、左翼思想に染まって革命運動に走るのを期待し続けているのでしょう
朝日新聞の大好きな左翼思想がいかに無力で、暴虐で、滑稽なものであったのか省みようともせず、若者に過激なデモに走れと呼びかける姿勢にはうんざりさせられます

私たちは最近の社説でも、世界の政治は若者が動かし始めたと説き、若者よ当事者意識を持てと促した。それだけ社会が危うくなっていると思うからだ。

「社会が危うくなっている」と何やら警鐘を鳴らしている気のようですが、そんな言い草はここ何十年と繰り返されてきたものです
「ますます厳しい時代に・・・」などと、成人式の挨拶で口にされるのは毎年恒例であって、そこに時代認識などありません
社会が危うくなったのはここ最近なのでしょうか?
格差など昔から存在したわけで、今になって格差社会が誕生したのではありません
尾崎豊がカリスマとして崇められた現象はあの当時の話であり、現在でも尾崎豊が若者のカリスマであり続けているなどと考えるのは朝日新聞くらいでしょう
カリスマと崇められるのは尾崎豊にとって不本意であり、重荷だったのではないか、とさえ思えます
尾崎豊は若者の代弁者になりたかったのではないし、そう振る舞おうと決意していたわけでもないはずです。多くの人が自分の歌に共感してくれるのを喜び、その期待の大きさに恐怖したかもしれません
朝日新聞は勝手な尾崎豊像を描き、持ち上げ、読者に押し付けているだけでしょう
尾崎豊もさぞ苦笑しているに違いない、と自分は想像します

(関連記事)
成人式騒動「はれのひ」社長が会見
成人式恒例 大暴れ、無法者
水戸成人式DQNが大暴れ
和歌山の成人式で暴行 意識不明の重体
中学生の自衛隊演習見学に反対する市民団体
ハフィントンポスト日本版 早くもコケる
「安倍政権で日本のエンターティメントが右傾化」と報じる朝日新聞
朝日新聞「天声人語」で橋下徹を中傷する表現
「夜の校舎窓ガラスを破壊」 中学生補導と尾崎豊
小学校の卒業式 袴姿が流行
今年も各地で荒れる成人式 式典は必要か?
いまどきの若者
香山リカ「反原発は引きこもりやニート」発言で謝罪
日本人はなぜ議論ができなくなったのか
成人式で大暴れ 愚か者たち
格差社会に反対するデモ 参加者500人
「反貧困ブーム」の終焉
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
橋下市長の家系・素性を攻撃する週刊朝日
橋下市長を攻撃した週刊朝日が降伏宣言
「スーパーマンが新聞記者を辞めた」のを皮肉る朝日新聞
「社二病」サラリーマン急増と書く週刊プレーボーイ
「元号」を批判する朝日新聞社説 意味不明


尾崎豊(文藝別冊)
河出書房新社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 尾崎豊(文藝別冊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル