結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判2 高校卒アル「AVに出そうな人」

結婚話を餌に男性を次々と殺害し、金を奪った疑いで起訴された木嶋佳苗の裁判が始まっています。今のところはすべての容疑を否定し、無罪を主張する構えでいます
物証に乏しい事件なのでこのまま裁判が長びけば、「木嶋さんは冤罪だ。木嶋さんを救え」と言い出す人が現れ、「木嶋佳苗さんを救う会」が結成されるのかもしれません
さて、裁判とは直接関係ないのですが、週刊ポストが木嶋佳苗の高校時代について記事を掲載していますので取り上げます

平成の毒婦・木嶋佳苗 高校卒アル「AVに出そうな人」1位

高校時代の同級生を探しだして取材し、木嶋佳苗について語ってもらうという手法はいつものやり方なのですが、かといって目新しい事実が暴露されているというものでもありません
卒業アルバムを見せてもらい、そこにある「不倫しそうな人」とか、「アダルトビデオに出そうな人」、「子だくさんになりそうな人」というランキングに木嶋佳苗の名があるのを見て1本、記事にしてみたという内容です
こうしたランキングを卒業アルバムに載せるのもどうかと思うのですが、高校生のノリでやったのでしょう
さて、ここからが本題です
クラスの生徒たちが、「アダルトビデオに出そうな人」として木嶋佳苗の名を挙げたのは偶然ではなく、木嶋佳苗にそうした雰囲気を感じていたからなのでしょう
過去の報道では木嶋佳苗が中学時代に大人の男性を交際していた、というものがありました。裏付けがあったのかどうかは不明ですが、同級生の中にそう語った者がいたからこそ記事になったと考えられます
まだ援助交際などという言葉もなかった時代ですが、木嶋佳苗は中学時代にはセックスを経験しており、そうした雰囲気を周囲の思春期まっさかりである同級生たちは感じ取っていたと推測されます
「なんていうか、少しばかり浮いた存在だったのも事実なんです」と語った同級生も、木嶋佳苗の振りまく雰囲気が他の女子生徒と違っていたと言いたかったのでしょう
言い換えれば、木嶋佳苗がセックスの経験もない同級生を「こども」と見下すような態度を醸していたと指摘できます
しかし、取材したジャーナリストも木嶋佳苗が交際していたとされる大人の男性を特定するまでには至らなかったのか、実に中途半端な記事になっているのが残念です
もちろん、「中学生、高校生がセックスをするなどけしからん」などと書くつもりはなく、木嶋佳苗の内心を考察するのが当ブログの目的です
「中学生がセックスをするなどけしからん」と切り捨てるのではなく、「中学生が一回りも年上の大人の男性とセックスをする意味はどこにあるのか」を考えなければなりません
「小遣いに不自由していたから金欲しさでやった」と決め付けるのは単純すぎでしょう
「好奇心」だとか、「大人びた行動に興味があったから」とするのも説得力に欠けます
お金と愛情というのは精神分析から見れば等価ですから、愛情飢渇をお金で満たそうという解釈もできます。おそらく木嶋佳苗は、「一回り以上年上の、大人の男性から愛されたい」という欲求を抱えており、同級生の男子には関心がなかったのでしょう
「同級生の男子が持っていないもの」を木嶋佳苗は年上の男性に求めていた、と言った方がわかりやすいのかもしれません
つまり、社会的な地位、お金、車などなどです。そして良家のお嬢様のようにうやうやしく大人の男性から扱われる、そんな世界を木嶋佳苗は思い描いていたのではないか勝手ながら想像します

(関連記事)
木嶋佳苗死刑囚 3度目の獄中結婚
練炭殺人木嶋佳苗死刑囚 死刑執行を求める
木嶋佳苗被告 控訴審でも死刑判決
死刑判決の木嶋佳苗 美人同級生の名を偽名にしていた
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
婚活殺人木嶋佳苗に死刑判決
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判3 練炭を準備、着火剤も購入
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判4 愛人生活で7000万円
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判5 上京後はデートクラブ勤め
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判6 ファンタジーを抱えた殺人者
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判7 死刑求刑
結婚詐欺師木嶋佳苗の祖父逝去
結婚詐欺師木嶋佳苗 飢渇と欲望
結婚詐欺師木嶋佳苗 太った女性はモテる
結婚詐欺師木嶋佳苗 5度目の逮捕
結婚詐欺師木嶋佳苗 留置場で高いびき
私的な十大ニュース 女結婚詐欺師の偽セレブ生活
結婚詐欺師木嶋佳苗 太っていても魅力あり
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺木嶋佳苗 セーラー服姿の痛々しさ
結婚詐欺師木嶋佳苗 祖父殺しの衝動
結婚詐欺師木嶋佳苗 メンズキャバクラで豪遊
結婚詐欺師木嶋佳苗 消されたブログ掘り起こし
結婚詐欺師木嶋佳苗 黙秘する日々
結婚詐欺師木嶋佳苗 ブログ荒らしや自作自演
木嶋佳苗事件をドラマ化したら フジテレビ「鬼女」
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か