結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判3 練炭を準備、着火剤も購入

結婚話で男性を次々つ殺害し、金を奪った容疑で起訴された木嶋佳苗被告の裁判が続いています
木嶋被告が3人の被害者を殺害したと立証するめ手が欠けている裁判なので、関係者の証言と状況証拠を積み上げ、木嶋被告の嘘を暴こうというのが検察側の方針のようです
犯行に用いられた練炭や七輪、着火剤も木嶋被告が事前に購入していたと立証されています

練炭1箱と七輪、木嶋被告が事件前に購入

これに対して木嶋被告側は、「練炭を譲ってほしい」と言われたため渡したと主張しているのですが、いかにも不自然です
練炭にしろ七輪にしろ、ホームセンターなどで簡単に入手できます。インターネットで注文すれば自宅まで届けてもらうのも難しくはありません
わざわざ木嶋被告に「譲ってほしい」と頼むほどのものではないのです
さらに、婚前旅行に行くと言い残して出かけた大越さんが、その数時間後に車の中で練炭自殺を図る可能性など限りなく低いわけであり、木嶋被告が嘘に嘘を重ねているとしか思えません
婚前旅行に行くのに練炭と七輪、着火剤を持って出かけるカップルはいないはずです
アウトドアマニアなら別ですが
木嶋被告があらかじめ殺害する目的でこれらの品を車に積み、現場へ運んだと解釈した方が筋が通ります
木嶋被告には数々の疑わしい行動があるわけで(数百錠もの睡眠薬を購入していたとか、自宅のすり鉢から睡眠薬の成分が検出された、などなど)、これを説明しようとすれば嘘をつくしかないのでしょう
周到な準備をした上での計画的な犯行なのですが、その計画性ゆえに犯行が筋道立てて説明されやすくなってしまうという誤りを犯したようです
衝動的な殺人の場合、犯人は動転しているがゆえに合理的な説明ができない不可解にして不思議な行動をとってしまうケースがあるのですが、計画的な殺人の場合はあまりにすんなりと事が運んでしまい、かえって不自然さが浮かび上がったりします
木嶋被告は埼玉県富士見市の駐車場に止めたレンタカーの中で大越さんを自殺に見せかけて殺害し、「別れ話をしたため、それを悲観して大越さんが自殺をしたのではないか」と主張しているわけですが、こうした説明がいかにも嘘っぽく聞こえてしまうわけです
本当に別れ話をしたのなら、殴り合いの修羅場となり警察を呼ぶような事態になっても不思議ではありません
木嶋被告は事前に現場を調べ、夜間には人の出入りがなく目撃される危険がないとしてその場所を選んだのでしょうが、そのためかえって2人が別れ話をしていたという目撃者もおらず、男女が口論していた声を聞いたとの証言も出てこないのです
つまり木嶋被告の言い分を立証できる証拠も証人もないのです(すべては嘘なのですから、立証できるわけがないのは言うまでもないのですが)

(関連記事)
木嶋佳苗死刑囚 3度目の獄中結婚
練炭殺人木嶋佳苗死刑囚 死刑執行を求める
木嶋佳苗被告 控訴審でも死刑判決
死刑判決の木嶋佳苗 美人同級生の名を偽名にしていた
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
婚活殺人木嶋佳苗に死刑判決
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判2 高校卒アル「AVに出そうな人」
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判4 愛人生活で7000万円
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判5 上京後はデートクラブ勤め
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判6 ファンタジーを抱えた殺人者
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判7 死刑求刑
結婚詐欺師木嶋佳苗の祖父逝去
結婚詐欺師木嶋佳苗 飢渇と欲望
結婚詐欺師木嶋佳苗 太った女性はモテる
結婚詐欺師木嶋佳苗 5度目の逮捕
結婚詐欺師木嶋佳苗 留置場で高いびき
私的な十大ニュース 女結婚詐欺師の偽セレブ生活
結婚詐欺師木嶋佳苗 太っていても魅力あり
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺木嶋佳苗 セーラー服姿の痛々しさ
結婚詐欺師木嶋佳苗 祖父殺しの衝動
結婚詐欺師木嶋佳苗 メンズキャバクラで豪遊
結婚詐欺師木嶋佳苗 消されたブログ掘り起こし
木嶋佳苗事件をドラマ化したら フジテレビ「鬼女」
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か


世界悪女物語 (河出文庫 121B)
河出書房新社
澁澤 龍彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界悪女物語 (河出文庫 121B) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル