韓国映画「マイウェイ」大コケ

チャン・ドンゴン、オダギリジョー主演の韓国映画「マイウェイ~12000キロの真実」が日本でも公開されたのですが、上映2週目にして興行収入ランキング9位になり、来週はトップテンから消えるのは確実です
公開された1週目は2位につけていたのですが、極端な落ち込みようです
全国300スクリーンで公開されたにもかかわらず、興行収入は2億1200万円ですから大コケと呼ぶレベルでしょう
3週目はさらに観客も減りますし、上映を打ち切る映画館も出ます。最終的に興行収入が3億円を超える可能性は限りなく低いと見られます
300スクリーンで公開したからには興行収入で10億円くらいを目標にしていたのではないでしょうか?
3億円にも届かないようでは、宣伝費の回収すら無理でしょう
この韓国映画は制作費が25億円なのだそうです
物語の中身は以下のようなものです

1928年日本占領下の朝鮮で日本人と朝鮮人の少年が出会った。境遇は全く違うが、走る事が好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見た。しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。アジアからノルマンディーまで12,000キロにも及ぶ戦いの中、全てを失っても生きる道を選んだのは何故か?そこには衝撃の事実と感動のドラマが隠されていた。


念のために宣伝サイトも紹介しておきましょう

「マイウェイ 12000キロの真実」特集2:「プライベート・ライアン」を超えた ...

大コケした結果を踏まえて上記の宣伝サイトを読むと、思わずニヤニヤしそうになります
「期待度95.2%」などという数字が物悲しく映ります
カン・ジェギュ監督はインタビューなどでしきりにこの本作が実話を基にしていると強調しているのですが、関東軍(満州に駐留していた日本軍)とソ連軍の軍事衝突であるノモンハン事件などは史実を無視した描き方になっており、どこに真実が反映されているのかと言いたくなります
韓国人監督が手がけた作品ですから、韓国の歴史観で染め上げられるのは予想されたところですが、仰々しい宣伝も虚しく日本では見向きもされない結果となったわけです

(関連記事)
日本人暗殺を描く韓流映画「暗殺」 7月に東京で公開
大コケした統一教会制作の朝鮮戦争映画「仁川(インチョン)」
対日勝利を描いた映画「鳴梁」が韓国で大ヒット
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
「韓流ブームは終わらない」宣言も先行き不透明
映画「道~白磁の人」が日本で爆発的反応と書く韓国メディア
韓国映画「シュリ」大成功の光と影
ディズニーの記念すべき大コケ映画「ジョン・カーター」近日公開
「日本で韓国人男性がモテモテ」と報じる韓国メディア
「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア
映画プロデューサー詐欺事件 水野美紀も被害に
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
チャン・グンソク主演映画「君はペット」コケる
日本を核攻撃する韓国映画「ムクゲの花が咲きました」
2007年の最低映画 韓国の「D-WARS ディー・ウォーズ」
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
「韓流ブーム再び」と書く朝日新聞
日本の若者の間で韓国ドラマが人気だと報じる韓国メディア
韓国のパクリ映画「リザレクション」
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
韓国ドラマ売上激減