「偽物語」 成功の方程式

プロ野球のテレビ中継を見ていると実況のアナウンサーが「勝利の方程式」などという表現を平気で使っています
「何も考えずにしゃべっているのだろうな」とは思いますが、そのようなものが実在するのかと自分は常々疑問に感じます
そして経済関係の報道などでは「成功の方程式」やら、「ヒット商品の方程式」などという表現がしばしば見られます
ヒット商品の生み出し方、ノウハウをそっくり真似れば誰にでもヒット商品が生み出せると言わんばかり扱いです
読者を惹きつけるため、あたかも「ヒット商品を生み出す方程式」が存在するかのようにほのめかしているのでしょう。いや、それとも記事を書いている人間は本気で方程式があると信じ込んでいるのかもしれません
くどくどと書きましたが、以上が話の枕です
今回は現在放映されているアニメーション「偽物語」を取り上げます

<偽物語> 西尾維新の人気小説 アニメで人気 シリーズ続編も“宣言”

偽物語について上記の記事では、「ヒットの理由は三つある。一つ目は、従来の発想にない表現手法。二つ目は、小説の長いセリフを生かす一方で、原作で触れない背景などは自由な発想で視覚化したこと。三つ目は、内面を含めた原作キャラの魅力とデザインの相乗効果だ」と指摘しています
これを「ヒットの方程式」だとするのはいかに何でも無理でしょう
従来にない表現方法を用意せよ、と言われてすぐにできるものではありません
決して映像化に向いているとは思えない西尾維新の小説です。これをアニメーション化せよと言われて、引き受ける人間がどれほどいるかは疑問です
新房昭之監督、そして脚本や絵コンテを担当したスタッフの大胆な発想と技量があってこそ、アニメーション化できたのであり、誰にでも可能なわけではありません
だからこそ、方程式などという考えは成り立たないのです
今日はブログで中国のAK98という、AKB48をパクったアイドルグループについて取り上げました。この場合は既存のフォーマットに従い、見栄えのする容姿の女の子を集め、女子高生風の衣装を着せ踊らせるという方法でAKB48に似たアイドルグループをいくらでも生み出せます
しかし、「化物語」や「偽物語」のようなアニメーションを作るのは至難の技でしょう
西尾維新風の原作、脚本を用意するのが不可能でしょう。加えて、演出方法を部分的のパクれたとしても、作品全体を通してそれを維持し、首尾一貫した物語として表現できるかは疑問です
あるいは「化物語」のようにオープニングやエンディングで、魅力的な楽曲との組み合わせを実現させるなど、中国にできるとは思えません
「化物語」や「偽物語」は日本のアニメーションの革新であり、ディズニーやピクサーを真似せずとも、フル3Dアニメーションに走らずとも、まだまだ面白いものが作れるのだという可能性を示していると自分は考えます

(関連記事)
「化物語」の前日譚「傷物語」が劇場版アニメーションに
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
海外で作られた「シャーロック・ホームズ」アニメ
中国アニメ「少年岳飛伝奇」はディズニー風?
中国アニメ「星系保衛戦」はバンダイが提供
アニメ「小さなバイキング ビッケ」をドイツが実写映画化
日本のアニメと中国のアニメの差はどこにある?
日仏合作アニメ「宇宙伝説ユリシーズ31」は隠れたヒット作
韓国掲示板 「日本のアニメと韓国ドラマ、どちらが優れている?」
米アニメのハンセン病差別表現が問題に
中日アニメ比較で見る国産アニメの発展 北京週報
韓国アニメ『Tickety Toc』 170カ国で放映
次世代「アニメ」大国インドが台頭する、との記事 日経BP


「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2012-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル