「GKB47」撤回 迷走する自殺対策

政府の自殺対策強化月間の標語「あなたもGKB47宣言!」に批判が続出したのはすでに報道されているとおりで、ついには「GKB47」のキャッチフレーズを使ったポスターを撤収し廃棄すると決定されました
主管である岡田克也副総理は内閣府の担当者から説明を受け、「GKB47」のキャッチフレーズの使用を承諾していたとの経緯も明らかにされており、自殺対策を巡る政府の迷走ぶりが露呈した格好になっています


自殺対策強化月間(3月)のキャッチフレーズ「あなたもGKB47宣言!」を政府が批判を受けて撤回した。人気アイドルグループ「AKB48」をもじった形で、「ふざけすぎ」といった反発が出ていた。
「GKB」はゴキブリの略として使われることもある。インターネット上だけでなく、参院予算委員会でも問題視され、自殺対策に取り組む72の民間団体が共同で抗議声明を発表する事態に発展していた。
「あなたもゲートキーパー宣言!」へ変更
自殺対策を担当する岡田克也副総理は2012年2月7日の会見で、「あなたもGKB47宣言!」を撤回し、「あなたもゲートキーパー宣言!」にすると発表した。「GKB47」は、「ゲートキーパー・ベーシック」の略と47都道府県を足したものだ。岡田副総理は「自殺の深刻さを十分にわきまえていないのではないか」という指摘が一部からあったことを理由に挙げた。
「ゲートキーパー」は、「悩んでいる人に気づき、声をかけ、必要な支援につなげる」などの活動をする人で、「ベーシック」には、専門家だけでなく国民全体で見守っていこう、という思いを込めていた。
「GKB47」に対しては2月6日、参院予算委で撤回要求が与党の民主党から出たほか、自殺対策に取り組む全国の72民間団体が、抗議声明をネット上などで公表し、撤回を求めた。
岡田副総理による撤回発表で、「一件落着」なのか。
実は抗議声明では、「もじり」問題だけではなく、「GKB」で訴えようとしていた「あなたもゲートキーパーに」との趣旨自体に対しても、「あまりにも無責任だ」と反発している。撤回後の新フレーズは「あなたもゲートキーパー宣言!」で、この抗議には答えた形になっていない。
「多くの関係者が傷つき、失望しました」
抗議声明に加わった「NPO法人 全国自死遺族総合支援センター」の杉本脩子代表に聞いてみた。
杉本代表は「問題は残りますが、容認範囲です」と答えた。「ゲートキーパー問題」については、「現場の取り組みはとても厳しいものです。ゲートキーパーは誰でもできますよ、と広く薄く呼びかけるのではなく、ゲートキーパーの質を高めていくべき時期なのです」と説明した。
自殺対策を担当する内閣府などには、「批判もあったが、マスコミに多く取り上げられ、ゲートキーパーという言葉の啓発などに結果的に役立った側面もある」といった声もある。
しかし、杉本代表は「当事者が言う言葉ではありませんね。単なる自己正当化に過ぎません。撤回はしたものの、これまでの政府の姿勢に対し、遺族を含めた多くの関係者が傷つき、失望しました」と指摘した。
(J-CASTニュースの記事から引用)


悩みを抱える人に気付き声をかける支援者を「ゲートキーパー」と呼称するなど、あらかじめ知っていた国民がどれだけいたのでしょうか?
自分もこのニュースに接するまで知りませんでした
誰も知らない「ゲートキーパー」なる呼称を強引に国民に押し付けたところで、有効な自殺対策が実現するとは思えません
もっと国民に馴染みやすい呼称を用いるべきです
内閣府の制作統括官のウェッブサイトでは当たり前のごとく「ゲートキーパー」の呼称が使われています

あなたもゲートキーパーになりませんか

政策の趣旨やその取り組みを批判するつもりはありませんが、「ゲートキーパー」なる呼称の由来も判然としないまま、押し付けられるのは迷惑な話です
東京都保健福祉財団の取り組みでは平成19年から「ゲートキーパー養成研修」を行なっているようですから、関係者の間では「ゲートキーパー」の呼称がすでに確立していたのでしょう
しかし、一般にはまだまだ馴染みのない呼称です
英語では門番とか交通監視員の意味ですが、最近ではマネーロンダリングを監視する専門職や特定分野の情報を監視する人間を「ゲートキーパー」と呼ぶなど、その範囲が拡大しています
ですが、自殺予防という目的からすれば監視員とか門番の意味を持つ「ゲートキーパー」が適切な用語なのか、疑問です。これでは「自殺防止監視員」も意味になってしまいます
精神衛生・自殺防止に取り組む人たちの間で「ゲートキーパー」が当たり前のように使われているとしても、それが国民に違和感を与える呼称ならば見直してしかるべきです

(関連記事)
貧乏アイドルの上原美優さん自殺
タレント上原美優の自殺を考える 2
「松平健の妻自殺」を考える 
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
偽メール事件の永田寿康元議員自殺
節目、その先へ
相次ぐ中学生自殺の背景は
居酒屋「和民」 労働時間管理はでたらめと発覚
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
ブラック企業名を非公開 擁護する国の姿勢
ワタミ会長 ブラック企業呼ばわりに反論


自殺の心理学 (講談社現代新書)
講談社
高橋 祥友

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自殺の心理学 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル