「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア

読売新聞など日本の各メディアは、韓国側の報道をそのまま引用して「韓流で韓国は莫大な収入を得ている」との記事を一斉に掲げています
ニュースソースは韓国の中央銀行による、「韓国の映画やドラマの輸出や歌手の海外公演などによる2011年の文化産業収入は7億9400万ドル(約608億円)で、過去最高を記録する見通しである」との統計です

「韓流」稼ぎまくり、海外収入最高の608億円

これがあたかも韓流ブームを証明する数字であるかのような扱いで報道されるところに、大いに疑問を感じたので取り上げます
そもそもこの文化産業収支の内訳が不明です
東亜日報の記事によれば、「しかし、現時点では文化産業に収入よりも支出が上回っており、文化・娯楽サービス面での収支は相変らずの赤字である。昨年の文化・娯楽サービス支出は10億1780万で、トータル収支の数字はマイナス2億2380万ドルと前年より赤字が1億6110万ドル減ったものの、今までに一度も黒字を出すことができないでいる。昨年の知的財産権など使用料の収入も43億2050万ドル(約4兆8300億ウォン)で史上最大値となっているが、こちらでも収入よりも支給が多くてトータル収支は29億8120万ドルのマイナスであった」と書いています
つまり韓流ブームであってもトータルでの収支は赤字なのですが、日本のメディアはその部分を意図的にカットして報道しているのです
「韓流ブームで大儲け」と報道したいがゆえの意図的な情報操作でしょう
別の報道によれば、韓国のコンテンツ産業振興予算は約2700億円となっています
つまりK-POPや韓国ドラマを売り込むため、政府が支出する補助金などが2700億円あると考えられます。それだけの補助金を支出した結果608億円の黒字というのはどうなのでしょうか?
単純に考えれば、2700億円の補助金なしに608億円の黒字を確保するのは困難だったと言えます。むしろプラスマイナスで2100億円の赤字だと言ってもよいのです
そうなるとニュースの意味はまるで違ったものになります。韓流ブームで大儲けしているのではなく、韓流ブームを演出するため大きな負担を余儀なくされていると
他にも韓国の大手企業がKーPOPのイベントのためスポンサーとしてお金を出している実態があるのですから、K-POPの収入が見せかけにすぎないかと分かります
2700億円もの補助金がどこへ流れているのか、韓国の人たちは何も考えないようです
が、流れ着く先は日本のテレビ局や雑誌出版社、新聞社などでしょう
一部の女性週刊誌が狂ったように韓流ブームを煽っているのも、それが収入に結びつくからにほかなりません
ちなみに日本政府の「クールジャパン」の予算は平成23年度で11億5千万円です

(関連記事)
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
原爆Tシャツ防弾少年団、音楽番組から締め出し
「韓流は終わっていない」と必死なコラム
ポケモンGOに嫉妬する韓国
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」
韓国ドラマ売上激減
「韓流ブームは終わらない」宣言も先行き不透明
韓国映画「シュリ」大成功の光と影
「日本で韓国人男性がモテモテ」と報じる韓国メディア
K-POP歌手による反韓流批判「逆行する日本」
韓国アニメの熾烈なキャラクター競争(棒読み)
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
チャン・グンソク主演映画「君はペット」コケる
韓国映画「マイウェイ」大コケ
チャン・グンソクのチケット ヤフオクで1円も買い手なく
初音ミク対K-POP 仁義なき闘い
マツコ・デラックスのK-POP批判 韓国での波紋
ベルギーで開催のジャパンエキスポにK-POPが押しかける
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
アニソンにK-POPをねじ込む強引な企画に批判殺到
紅白にK-POPなしは「おかしい」とする主張