前田敦子 大コケ映画「もしドラ」で日本アカデミー賞話題賞?

AKB48の前田敦子が主演する映画、ドラマをコケさせた話題はこれまでにも取り上げてきたところですが、日本アカデミー賞の話題賞(俳優部門)を受賞したと報道されています
悪い冗談か、皮肉かと思いきや、話題賞は一般投票で選ばれる仕組みになっており、前田敦子がそれだけ多くの票を集めたのだという話です

前田敦子 :日本アカデミー賞話題賞受賞「感謝の気持ちでいっぱい」

「興行収入30億円はいける」とAKB48の関係者が豪語していた映画「もし高校野球の子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、全国300スクリーン以上の規模で公開されたのですが、最終的な興行収入は7億5千万円ほどだったと推測されます
そんなコケっぷりも含めて「話題を提供した」という意味なのでしょうか?
おそらくはAKB48のファンが大量に投票し、前田敦子を1位に押し上げたのが実態でしょう
そうすることで「AKB48はすごい」=「ファンであるオレらはすごい」という構図を作り出し、満足感に浸っているのだと思われます
ですが、そんなファンの行動を批判するつもりはありません。それも時勢であり、社会現象だからです
もちろん前田敦子がこの先、女優として大成するかどうかは別問題です
現状では前田敦子がNHKの連続テレビ小説のヒロインになったり、NHK大河ドラマで主演を務める姿は想像もできません

映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」


動画のコメント欄には、「昔野球をやっていた者として見た感想としてはとりあえず、スタッ­フとキャストのほとんどが野球を知らないな、と思いました。まず­、高校野球やっているなら坊主が基本なのに全員が坊主じゃない。­あと、送りバントなしで優勝なんて正直あり得ない。あと、後半か­らマネジメントが関係ない気がした」と書かれています
著者である岩崎夏海が秋元康の子分であるのは周知の事実ですが、彼らはあの「マネジメント」が説く、「顧客が誰なのか?」を理解していたのか疑問です
この映画はAKB48の熱狂的ファンだけを顧客として提供された映画ではなく、AKB48のファンではない一般的な視聴者向けに提供されたもののはずです
一般的な視聴者は、「AKB48のメンバーさえ映っていれば学芸会のレベルで満足」というわけにはいきません
不器用な女子高生が懸命にやっている、という姿を見せようとしたのかもしれませんが、それにしても前田敦子以下、AKB48のメンバーの演技が拙すぎます
前田敦子を女優として育てたいのであれば、きちんと演技の勉強をさせるべきでしょう

(関連記事)

女優前田敦子を激賞する記事
https://05448081.at.webry.info/202007/article_3.html
HKT48指原莉乃主演映画「薔薇色のブー子」大コケ
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
前田敦子泥酔事件に女性は共感
前田敦子 泥酔し尻丸出し
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ
AKB前田敦子主演ドラマ 視聴率5%の大コケ
前田敦子のTシャツ問題は単なるバッシングか?
AKB前田敦子、原爆の名前のTシャツ姿でドラマ出演
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
秋元康の「色欲」に狂わされたひとりの女優
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
黒澤明・宮崎駿対談映像


BARFOUT! 190 前田敦子
幻冬舎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BARFOUT! 190 前田敦子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル