「日本で韓国人男性がモテモテ」と報じる韓国メディア

韓国を代表する新聞の1つ、中央日報が「日本で韓国人男性がモテモテだ」とする記事を掲載しており、その自惚れっぷりが気持ち悪いとの反応が多数寄せられる事態になっています

【韓流】「韓国男性シンドローム」 韓流スターを越えて韓国の一般男性にもはまる日本人女性たち

「韓国人男性が日本の女性にモテモテだ」というのは、彼らの切ない願望そのままなのでしょう。そして、「日本の女性を征服してやったニダ」と言い張りたい魂胆が見え見えであり、異性として尊重し、愛そうという心情などどこにも感じられません
それにしても稚拙な分析をさも重大な事実であるかのように装った記事であり、もうどこから突っ込んでよいか迷うほどです


ヨン様に続いてイ・ビョンホン、ソン・スンホン、ウォンビン、チャン・ドンゴンなど男性スターが韓流の流れを引き継いだ。最近、韓流スターの中でも独歩的な存在であるグンちゃんを日本市場に紹介したのはドラマ「美男ですね」だ。衛星チャンネルで紹介されたこのドラマは爆発的な人気を集め、フジテレビで再放送された。日本放送TBSは昨年7月、日本版「美男ですね」を放送した。グンちゃんが広告出演する製品はもちろん、彼がよく行くという飲食店も大ヒットした。
ガールズグループを除いて男性韓流スターが爆発的な人気を呼んだ理由は、昭和時代の日本の男性スターが持っていた純粋さと品のある微笑のためだった。
ドラマの主人公は一様に軍隊に行ってきた韓国人男性の強靭な体(モムチャン)と献身的な愛、家族を守る責任感まで持ち、昭和時代に青春期を過ごした50、60代の中年女性を引きつける要素になっている。


これだけ露骨に「韓国人男性は軍隊で鍛えているからたくましい」などという幻想を記事にするのですから、中央日報の記者も相当のナルシストなのか、あるいは強烈な日本人男性へのコンプレックスの持ち主なのでしょう
「オレたちはこれほどまで日本人男性に嫉妬しているんだぜ」という心の叫びが聞こえてきそうで、読んでいるこちらの方が恥ずかしくなってしまいます


2010年の韓日併合100年を迎え、両国国営放送のNHKとKBS(韓国放送公社)が実施した国民意識共同調査の結果、韓国人が真っ先に思い浮かべる日本人が日帝初代総統の伊藤博文であるのに対し、日本人が思い浮かべる韓国人はペ・ヨンジュンだった。


これでいったい何を指摘したつもりになっているのでしょうか?
何か勝ったつもりになって重要な事実であるかのように紹介しているのですが、韓国人と聞いて思い浮かぶ人物がペ・ヨンジュンしかいないという寒々しい実態が露呈しただけであり、「韓流スターだけでなく、韓国の一般男性もが日本の女性にモテモテ」だという「韓国男性シンドローム」の実態を示すものではありません
話が論理を欠いており、どうつながっているのかさっぱり理解できないわけで、こんな記事の原稿をよくも掲載したものだと呆れてしまいます
国際結婚のデータからすれば、韓国人男性と結婚する日本人女性より、韓国人女性と結婚する日本人男性の方が圧倒的に多いわけであり、この記事には何の根拠もありません。ただ、「そうだったらいいな」という幻想を文章にしただけです
だかといって、「日本人男性は韓国の女性にモテモテだ」などと主張する日本人はいないでしょうし、日本の新聞がそんな記事を書こうものなら読者からの信頼を失うのは明らかです
中央日報の記者がこんな記事を書き、編集局の人間もがニヤニヤしながら読んでいる姿を想像すると吐き気すら覚えます

(関連記事)
「日本女性はなぜ、韓国男性と結婚したがるのか」と書く中国メディア
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
「韓流ブームは終わらない」宣言も先行き不透明
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
韓流ゴリ押しで批判を浴びるフジテレビ
韓流スターの特番 視聴率わずか3.9%
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
韓流ドラマをアニメ化して失敗すると 「ごめん、愛してる」
「K-POPブームはメディア主導ではない」と言うメディアのウソ
「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア
K-POP歌手による反韓流批判「逆行する日本」
韓国アニメの熾烈なキャラクター競争(棒読み)
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
チャン・グンソク主演映画「君はペット」コケる
韓国映画「マイウェイ」大コケ
中国人男子が米国女性にモテない理由
「サムスンの最低の広告」が話題に
広島原爆忌を「センチメンタリズム」とこき下ろす韓国メディア
日本アニメのソフトパワーを考える