巨人の裏金問題 朝日新聞を名誉毀損だと批判

巨人が新人獲得の逆指名制度を利用する際、球界の申し合わせを破って裏金を渡していた問題が波紋を広げています
巨人側は朝日新聞の報道が、「表現はもとより、見出しや扱い方等からして、当球団の行った契約には極めて問題が多く、社会的な批判を受けるのがあたかも当然であるかのように誤導するもの」だと決めつけ、法的措置を辞さないと吠えています
当時社会人チーム「シダックス」に所属していた野間口投手に対し、指名前に200万円もの現金を渡していた事実を巨人は認めているのですが、「問題はない」と開き直っています
さて、その200万円もの金を受け取った野間口選手は所得を申告し、税金を納付したのでしょうか?
裏金だからとして申告せず、納税しないのであれば脱税であり、立派な犯罪です
巨人の側も、獲得前の選手へ支払った金をどう会計処理したのでしょうか?
こちらも会計処理をごまかしていた可能性があり、大いに問題があります
契約金の上限とされた1億5千万円を超えて支払った分について、巨人は「適正に会計処理しており問題はない」と説明していますが、怪しい限りです
野間口投手の場合、契約金そのものは6億円だったと朝日新聞が報じています
入団以来、先発ローテーションにも食い込めず、2軍暮らしを続けている野間口投手の現状を見れば、随分と高い買い物でした
阿部慎之助捕手の場合は契約金が10億円です。打撃成績は申し分ない阿部捕手ですが、巨人の投手陣の力を十分に引き出しているとは思えませんので、これも契約金に見合うだけの活躍をしているとは言い難いところでしょう
こうした契約の実態を明かすことが、なぜ巨人と選手の名誉を汚すことになるのか、理解できません
6億円、10億円という契約金の支払いを巨人が名誉だと思うのなら、堂々と公表すればよいだけであり、なぜ不名誉だと決め付けるのか疑問です
後ろめたい思いがあるからこそ、不名誉だと騒いでいるようにしか見えません

(関連記事)
DeNA・中村紀の懲罰降格 「ルール守れない人間は…」
巨人の契約金問題 何を敵視し、騒いでいるのか?
プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走
中日ドラゴンズ落合監督の解任劇
落合ドラゴンズ優勝 その原動力は球団への反発心
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
中日ドラゴンズのファンクラブ誌が落合前監督を批判
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア


激震巨人軍 (OAK MOOK 415)
オークラ出版
2011-12-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 激震巨人軍 (OAK MOOK 415) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル