婚活殺人木嶋佳苗に死刑判決

結婚話を餌に男性を次々と殺害し、金を奪った木嶋佳苗被告にさいたま地方裁判所は死刑判決を下しました
起訴された3件の殺人のほか詐欺など10事件すべてを有罪と認定した上で、「3人の尊い命を奪った結果は深刻で甚大。動機は身勝手で酌量の余地はない」との判断です
木嶋佳苗が関わった人物の中で、不審な死を遂げているケースが他に3件もあるのですが、そちらは解明されず起訴もされていません
木嶋佳苗があらためて自分の罪状を認め犯行を告白しない限り、事件として扱われる機会は永遠にないのでしょう


首都圏の連続不審死事件で、男性3人を殺害した罪などに問われ、死刑を求刑された木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判の判決公判で、さいたま地裁(大熊一之裁判長)は13日、木嶋被告に死刑を言い渡した。同地裁は判決で、同被告が起訴された殺人3件を含む10事件全ての有罪を認定した。
木嶋被告は2件の詐欺罪以外は一貫して無罪を主張。殺人罪3件について自白や目撃証言などの直接証拠がないなか、検察側が積み上げた状況証拠をどう評価するかが最大の焦点だった。
大熊裁判長は判決理由で、殺人3件について▽木嶋被告が現場で発見されたものと同じメーカーや個数の練炭を事前に準備していた▽大量の睡眠薬を購入していた▽被害者が死亡する直前に会っていた――などの点を挙げ、「他に殺害する可能性がある人物は見当たらない。犯人は被告以外にありえない」と結論づけた。
動機については、だまし取った金銭の返還や被害者名義のクレジットカードの無断使用の発覚などを免れるためだったと指摘。「練炭購入は料理のためだった」とする弁護側の主張は「説明が具体性に乏しく信用できない」と退けた。
判決によると、木嶋被告は2009年1~8月に、交際相手だった東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん(当時53)、千葉県野田市の無職、安藤建三さん(同80)、東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(同41)の3人を殺害するなどした。
木嶋被告の公判は裁判員の在任期間が過去最長の100日間に及んだ。最高検によると、裁判員裁判で、死刑求刑事件の判決は18件目。木嶋被告を除くと、死刑が13件、無期懲役が3件、無罪が1件だった。
(日本経済新聞の記事から引用)


木嶋佳苗被告は判決を不服として控訴する意向です
しかし、控訴したところで積極的に自らの無罪を証明する手段はありません
それとも控訴審で何やら新たな証拠でも出すつもりなのでしょうか?
これまでさまざまな嘘を並べ、偽りの自分を演じてきた木嶋被告だけに、裁判で自分の嘘が通用しなかった事態に戸惑い、苛立っているとも考えられます
「嘘と現実の区別がつかなくなっている」などという指摘をする人もいるのでしょうが、それは違うと思います
木嶋佳苗被告はいくつもの偽名を使い分け、多くの男性とメールをやり取りし、偽名のブログを書くなどしてきました。嘘と現実の区別がつかないほど混乱した状態にあるならキャラを間違えたり、偽名を間違えたりしそうなものです
あるいは取り調べや裁判の場でボロを出すでしょう
しかし裁判の場でのやり取りでそのような混乱は見せていません。取り調べの中で嘘と現実が区別できないような言動があれば、検察は見逃さなかったはずです
ですから人格障害のような原因があって嘘を並べているのではなく、計算尽くで嘘をつき多くの男性を手玉に取ってきたと考えた方が適切でしょう
嘘をつき、相手を騙そうという明確な意図が木嶋佳苗被告にはあり、裁判の場でも嘘を並べて無罪を勝ち取るつもりであったと考えられます
この先、木嶋被告は控訴審で争い、それでも死刑判決が出れば最高裁へ上告するのでしょう。嘘をつき続ける以外、彼女にはできないのかもしれません

(関連記事)
木嶋佳苗死刑囚 3度目の獄中結婚
練炭殺人木嶋佳苗死刑囚 死刑執行を求める
木嶋佳苗被告 控訴審でも死刑判決
死刑判決の木嶋佳苗 美人同級生の名を偽名にしていた
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
結詐欺殺人木嶋佳苗裁判2 高校卒アル「AVに出そうな人」
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判3 練炭を準備、着火剤も購入
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判4 愛人生活で7000万円
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判5 上京後はデートクラブ勤め
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判6 ファンタジーを抱えた殺人者
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判7 死刑求刑
結婚詐欺師木嶋佳苗の死刑判決を考える
結婚詐欺師木嶋佳苗の祖父逝去
結婚詐欺師木嶋佳苗 飢渇と欲望
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗 消されたブログ掘り起こし
結婚詐欺師木嶋佳苗 祖父殺しの衝動
私的な十大ニュース 女結婚詐欺師の偽セレブ生活
結婚詐欺師木嶋佳苗 太っていても魅力あり
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
瀬戸内寂聴「人を殺したがるばかども」 死刑廃止宣言へのメッセージ


母に心を引き裂かれて―娘を苦しめる“境界性人格障害”の母親
とびら社
クリスティーヌ・A. ローソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 母に心を引き裂かれて―娘を苦しめる“境界性人格障害”の母親 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル