二股交際で叩かれる塩谷瞬

モデルの冨永愛、料理研究家の園山真希絵と結婚話をチラつかせて交際していた俳優の塩谷瞬が芸能メディアに叩かれまくっています

無名の役者から一躍時の人になった塩谷瞬は「まるで結婚詐欺師!?」

写真を見る限り、モテるんだろうなと思わずにはいられない塩谷瞬ですが、役者としてブレイクできない理由が何かあるのでしょう
2002年に「忍風戦隊ハリケンジャー」でデビューして以来、映画やドラマへの出演歴も長いのですが、この騒動で彼の存在を知ったと言えるくらいノーマークの存在です
2005年には井筒和幸監督の映画「パッチギ!」で主役を演じているのですが、何の印象もありません。高岡蒼甫、沢尻エリカの方が光っていたためでしょう
幾つかの報道を見ると、塩谷瞬が所属していたスターダストプロモーションから独立したため、前事務所からの報復としてバッシングの標的にされたと背景を説明する記事があります
事実かどうかは不明ですが、何より塩谷瞬が複数の女性相手に結婚話をチラつかせて交際していたのですから、事務所の陰謀だと言われても説得力に欠けます
これからはダメ男、汚れ役として活路を見出すのかもしれません
さて、冨永愛と言えばトップモデルとの印象を世間一般では受けるのでしょう
しかし、自分が思い浮かぶのは映画「デビルマン」です。永井豪の人気作品を実写版でやった2004年の映画で、冨永愛がシレーヌ役を演じました
制作費は10億円で最新の特殊視覚効果を駆使した作品との前触れでしたが、日本の映画史上、最低の作品と評価されたホームラン級の駄作です
芸能メディアは冨永愛のシレーヌを大絶賛していたのですが、アニメーションファンからは、「シレーヌ=冨永愛」の配役でこの映画は終わっているとまで酷評されました
出演シーンは10分ほどですが、冨永愛はこれまで映画・ドラマへの出演オファーがあっても断っており、演技は初の体験だったそうです

Devilman The Movie Trailer


開始から24秒のところで冨永愛演じるシレーヌがチラリと登場しています
DVD化されて販売されていますが、Amazonのレビューでもさんざん酷評されています

主演の役者が素人。脇の役者も大根(普通脇役ぐらい上手い人で固めるのでは?)意味不明のにぎやかしキャラ(ボブ・サップとか)

安くて少ないCG。世界戦争もニュースで説明されるだけの超低予算。

でも、そんなことは、脚本の酷さに比べればどうでもいい!!

むしろこの脚本にはこの程度のCGと役者でも勿体ないくらいだと思う。

原作に忠実じゃなくたって作品自体で完結してれば評価のしようもあるが・・この破綻っぷりは「矛盾がある」レベルを超えている。

「あんたたちは人間なら私は魔女でいい」と言った瞬間「私は人間なのに・・」と言ってみたり「人間はお互いを殺しあう(デーモン以下の)存在」と言われたら「人間は、ひとりでは生きられないんだ」と答えてみたり。

正気の沙汰とは思えない。映画館の客全員が「俺に書かせろ」思ったと思う。

星0ってつけられないんですね。とにかく買わない方がいいです。

私は那須博之(監督)・真知子(脚本)夫妻の名前を一生忘れません。

人気漫画・アニメの実写化が失敗に終わるのは珍しくないものの、ここまで酷評される作品は逆に大したものと言えます

(関連記事)
キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
麻木久仁子 不倫を認める
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
山口もえの夫 違法キャバクラ経営で逮捕
女優高岡早紀 内縁の夫に騙され破産の危機
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
沢尻エリカ 「謝罪などしたくなかった」発言


デビルマン [DVD]
東映
2005-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デビルマン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル