ライトノベル作家を脅迫した男を逮捕

ライトノベル作家伏見つかさを脅迫した容疑で逮捕された男について、取り上げます。伏見つかさは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」でブレイクした人気のライトノベル作家です。が、彼には妹はいないのだそうです


警視庁麹町署は4月12日、脅迫容疑で徳島県阿南市の無職・青井昇容疑者(32)を逮捕した。
逮捕容疑は昨年11月、小説家・伏見つかささん(31)のメールアドレス宛てに〈死ね詐欺団〉〈後悔させてやる〉〈住所を割り出してやる〉などの脅迫メールを送りつけたというもの。同署によれば、青井容疑者は言葉だけの脅迫にとどまらず、伏見さんの首が切断されたように写真を加工し、それをメールに添付して計500回以上も送信していたという。
明らかに常軌を逸した行動だが、2人は一体どういう関係だったのか−−。青井容疑者は動機を次のように語っている。
「小説の中で、好きなキャラクターの扱いが、ないがしろになっていると思い、腹が立った」
伏見さんはいわゆるライトノベル作家。シリーズ作である『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は一昨年にアニメ化もされており、青井容疑者はこの作品に登場するキャラクターの扱いが気に入らなかったというわけだ。
ネット上では〈どのキャラ?〉と、事件のキッカケとなったキャラクターを特定しようとする書き込みが多数見られたが、中には〈自分の人生をないがしろにしてる〉などと、一方的な思い込みから逮捕され、その名を大きく報じられてしまった容疑者に対してのツッコミも見られる始末。
わざわざ写真を加工したり、逮捕されるほど大量の脅迫メールを送りつけていた青井容疑者、犯行当時は無職だったという。
「最近、こういう無職の連中が引き起こす“暇に任せた犯罪”が増えて困っているんです」(捜査関係者)
(週刊実話の記事から引用)


逮捕されたのは記事にもあるように徳島県阿南市の無職、青井昇(32歳)です
32歳にもなって無職かよ、との突っ込みはさておき、度を越した熱狂的なファンの暴走という切り口で語る方法では、この事件の意味を読み違えてしまうように思います
確かにライトノベルや漫画などには熱心がファンがいて、作者のところに詳細なプロットを描いた原案を送りつけ、「このような展開が望ましい」と要望してきたりするのも珍しくないと聞きます
青井昇被告もそんな熱狂的ファンの1人であると見て間違いはないのでしょうが、それだけでは片付けられません
熱狂的なファンだからといって、直接作者を脅迫したりはしません
せいぜい、ファンの集まる掲示板で作者批判を展開して、「うざい」と言われるくらいでしょう
青井昇被告の行動を考えれば、彼は自分の見識・意見に絶対的な自信を抱いており、自分の期待とは異なるストーリー展開が我慢できなかったと推測されます
多くのファンは漫画やアニメ、ライトノベルのストーリー展開が自分の期待と違っていても、それはそれとして受け入れるものです(不満は口に出しますが)
作者の立場を尊重し、敬愛するがゆえです
しかし、青井被告は作品に対する歪んだ愛情はあっても、作者に敬意を払うつもりはさらさらなかったようです
この青井被告の行動は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に対してだけではなく、おそらく彼の人生が独断と偏見によって彩られて、周囲との軋轢を生み続けてきたと想像できます
32歳で無職というのも、職場での人間関係に問題があったり、自分の意見に固執しすぎる結果職場にいられなくなったのかもしれません
一般的なファンは、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に対する他のファンの意見を頭ごなしに否定したり、罵倒したりはしません。他人の意見や思いを、「ああそんな見方もあるねえ」と応じ、作品世界をああでもない、こうでもないと語り合うのを楽しむのです
しかし、青井被告は他人の意見など眼中にはなく、語り合って楽しむ気もなかったのではないでしょうか?
人格障害とまでは言いませんが、極めて独善的な性格であり、社会適応能力を欠いた人物像が思い浮かびます
事件への反省よりも、そんな驕慢な性格をどうにかすべきでしょう
特集記事の方は、捜査関係者の発言を借りて「以前は脅迫文のような手紙が中心だが、最近は公開されたメールやインターネットサイトを対象に多くのメールを送りつけることができるため、脅迫や中傷行為へのハードルは下がっているのではないか」と、インターネットが犯罪の温床だと言わんばかりの結びになっています
これではやはり、事件の意味を読み違えていると思わざるを得ません

(関連記事)
作家川上未映子がネットの中傷に賠償求め提訴
https://05448081.at.webry.info/202010/article_41.html
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
https://05448081.at.webry.info/201908/article_14.html
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
https://05448081.at.webry.info/201907/article_17.html
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
「黒子のバスケ」脅迫犯 犯行の背景
「黒子のバスケ」脅迫事件 「負けました」を考える
「黒子のバスケ」脅迫男を逮捕
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その2
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その1
「火炎瓶を投げつける」と女性教諭を脅した男逮捕
同級生宅へ次々と放火した高校生逮捕
三角関係でストーカーと化した女教師
裸の写真で女子高生を脅した教師逮捕
「涼宮ハルヒの驚愕」を読んで
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化


俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
2011-05-10
伏見 つかさ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル