韓国 実写版「テコンV」資金不足で中断

マジンガーZのパクリである韓国アニメ「テコンV」を実写でやろうという計画が韓国で進行していたようですが、資金が集まらないため中断していると報じられています


韓国の人気アニメ「テコンV」の実写化…無期延期していたことが判明
韓国のロボットアニメ「テコンV」の実写版制作が、無期延期していたことが分かった。
「テコンV」は韓国ロボットアニメの元祖として今でも同国内では高い人気を誇っている作品。実写版の制作には大きな期待が集まっていたのだが、今年2月、資金不足を理由に制作はストップしてしまったという。
多くの韓国人が楽しみにしていたであろう実写版の「テコンV」。制作のメガホンを取ったのは、映画「A Bloody Aria」(2006)、「セブンデイズ」(07)のウォン・シヨン監督で、08年1月の制作報告会では「同年夏には撮影を開始する」と発表。キャスティンなども行われ、順調に進んでいるかのように思われた。
しかし、予定されていた2011年下半期のクランクアップを迎えることはなかった。関係者によると、1年ほど前からトラブルが相次ぎ、映画の制作は無期延期になったという。
無期延期のもっとも大きな理由は資金不足のようだ。映画「テコンV」は制作費200億ウォン(約14億円)のSF超大作という触れ込みで制作が始まった。しかし、近年大型映画が相次ぎ興行に失敗していることから、投資会社が萎縮し、十分な資金が調達できなかったという。
現在キャスティングされた俳優はほかの作品に出演中で、ウォン監督も映画「容疑者」を準備するなど「テコンV」の制作からは離れている。多くの韓国人が楽しみにしている「テコンV」の実写化は、いつ実現するのだろうか?
韓フルタイム


14億円の制作費を調達できなかったとの理由です。実写映画化したところで主な公開場所は韓国だけであり、輸出して儲けるのは難しいと判断されたのでしょう
ニュースを見る限り、いくつかのパイロットフィルムは作られていたようです
実写化といってもその大部分をCG合成の映像が占め、そこに生身の役者による演技を加えるのでしょう
それならばいっそ、劇場版長編アニメーションでやった方がよいと思うのですが
韓国が自慢するロボットアニメ「テコン∨」はテレビシリーズが何本も作られたものの、劇場版アニメーションは1976年の1本だけのようです
なぜ劇場版をやらなかったのか、1970年代後半には当時絶大な人気を誇ったはずですから不思議です
日本が「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」を大切に育ててきたように、韓国もこの「テコン∨」を磨き上げ、発展させられなかったのはなぜか、と思ってしまいます
「それだけの能力がなかった」と言ってしまえばそれまでの話です

(関連記事)
韓国「ロボットランド」の本気 巨大テコンVも登場
韓国のひどいアニメ「スペースガンダム∨」
「怪盗ルパン」未発表作品がフランスで出版される
フランス現代美術館で日本漫画を紹介するイベント
血飛沫舞い散る中国の学生アニメ「SUB WARS」
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
最新の中国ロボットアニメ「Combat Armor Steel Wings」
アニメキャラとセーラー服を語る米国人
日本アニメが亀甲船をパクったと批判する韓国メディア
カンヌ映画祭へ殴り込み 韓国アニメ「豚の王」
「名探偵コナン」になれなかった金田一少年
Cool Japanに勝利したCool Koreaと報じるメディア
音楽とアニメ 「坂道のアポロン」でジャズ人気?
日本超えた韓国アニメ「ゴースト・メッセンジャー」はどうなったのか?
ポケモンを超える中国アニメ「Tofu Boy」
対日勝利を描いた映画「鳴梁」が韓国で大ヒット