韓国のひどいアニメ「スペースガンダム∨」

韓国が作ったアニメ「スペースガンダム∨」については以前にも取り上げたところですが、YouTubeに動画がアップされているのを見つけましたので、あらためて言及しようと思います
日本のアニメーションファンでもよほどのマニアでない限り、全編を視聴した方はいないはずです(そもそも見たいという気持ちにならないはずです)
「マジンガーZ」のパクリアニメである「テコン∨」を作った金青基監督が、1983年に公開した劇場版アニメ「スペースガンダム∨」はそのストーリ、キャラクターデザイン、作画があまりにひどいので有名な作品です
「ガンダム」の名前を使っただけの超駄作と言えます。こんなアニメを作ってしまう感覚がそもそも理解できません
現在YouTubeには6分割された動画がアップされています
オープニングから物語の出だしは、宇宙からやってきた少年が地球人になりすまして地球の様子を探るという設定です(以下、動画は順を追って視聴して下さい)

Space Gundam V P. 1 de 6



感動的?なラストシーン


なんとも脱力してしまうエンディングです
もう少しまともな脚本を書けないのかと日本のアニメーションファンなら思ってしまうはずであり、このあたりが韓国アニメーションらしさと言えます
この「スペースガンダム∨」が公開された1983年は、日本で初代「ガンダム」のテレビシリーズが再放送され人気が確立された時期です(初代「ガンダム」シリーズは1979年にテレビ放送されたものの不人気であり、その後、再放送を繰り返して人気を確立させるという珍しいケースです)
富野由悠季監督によるリアルロボット路線の面白さ、物語の奥行きの深さ、陰影に富んだキャラクターの魅力に日本のアニメーションファンが惹かれていった時期です
それから比べると、韓国の「スペースガンダム∨」は何ともぬるい作品であり、物語は奥行きのない薄っぺらさで、キャラクターも型にはまりすぎ、メカデザインも魅力に欠けます
韓国のアニメーション制作者は日本のアニメをコピーするだけで、何も学ぼうとはしなかったのでしょう。もっと踏み込んで言えば、「ガンダム」以前のアニメーションと、「ガンダム」以降のアニメーションでどこがちがうのか、彼らには理解できなかったと思われます
こうした作り手の感性の貧しさが韓国アニメーションの限界と言えます

(関連記事)
中国最新のロボットアニメ「KAINAR」はガンダムの・・・
人が搭乗できるロボットを作ってしまう日本
中国のSFアクションアニメ「月塵」の紹介
中国アニメ「戚継光英雄伝」に酷評殺到
なぜガンダムは海外で人気がないのか
「怪盗ルパン」未発表作品がフランスで出版される
フランス現代美術館で日本漫画を紹介するイベント
血飛沫舞い散る中国の学生アニメ「SUB WARS」
韓国 実写版「テコンV」資金不足で中断
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
最新の中国ロボットアニメ「Combat Armor Steel Wings」
アニメキャラとセーラー服を語る米国人
日本アニメが亀甲船をパクったと批判する韓国メディア
「韓国アニメーターなしに日本アニメは成立しない」と報じるメディア
韓国アニメーション パクリの歴史を見る
「紅の豚」のパクリ 韓国アニメ「Mateo - The Great Pig Pirate」
劣化版「けいおん」 韓国のパクリアニメ「Super Hams Band」
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
韓国のパクリアニメ「稲妻アトム」 劣化がひどい
アメリカの人気アニメ「ベン10」は実質韓国製ニダ


機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23) めぐりあい宇宙編 (角川コミックス・エース 80-28)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-11-25
安彦 良和

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム THE ORIGIN (23)  めぐりあい宇宙編 (角川コミックス・エース 80-28) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル