中国アニメ「戚継光英雄伝」に酷評殺到

中国の歴史上の人物を紹介する偉人伝の劇場版アニメーションが、あまりにもひどいできだと酷評されていると報道されています
浙江省寧波市余姚市にあるアニメ制作会社・浙江河姆渡動漫文化発展有限公司が制作した「戚継光英雄伝」は1億5000万円をかけた劇場版アニメーションで、中国の「こどもの日」である六一児童節に全国で公開される予定なのだそうです
しかし、その質の低さに批判が殺到しているのだとか
戚継光は明の時代の英雄で、モンゴルや倭寇を打ち破った人物として有名であり、中国人にとっては思い入れの強い人物なのでしょう

中国のアニメ映画に酷評続々「フラッシュレベル」「世界最低更新」
中国メディア東南網や錢報網などによると、批判の的になっているのは、浙江省寧波市余姚市にあるアニメ制作会社・浙江河姆渡動漫文化発展有限公司が制作した「戚継光英雄伝」。この作品は中国の歴史上の人物・戚継光の“輝かしい功績”をモチーフにしており、六一児童節(子どもの日)に合わせた全国公開が決定している。
しかし、この作品の予告編が公開されるや否や、すぐに多く批判が殺到。全体的に動きがカクカクしている、同じシーンを使い回しているなど単純に予告編の質がお粗末であることに加え、制作費1,200万元(約1億5000万円)を投じている事情などが絡み合い、「こんなのフラッシュレベルだろ」「世界最低のアニメ映画の歴史を塗り替えた!」「この作品に、どのように使えば1,200万元も投入できるんだ?」等々、ネットでは袋だたきの状態となった。また、業界関係者からは「これはプロの作品とは言い難い」「中国産アニメのレベルが低いことは重々承知だが、これは輪をかけてひどい」といった感想も飛び出し、満場一致で“ダメ作品”の烙印を押されている。
これに困惑したのが、制作会社はもちろん、余姚市の政府関係者だ。というのも、予告編には余姚市政府幹部の名前もクレジットされており、政府が補助金を交付している可能性を指摘されたため。この点について余姚市政府関係者は「1,200万元という金額は制作会社自らが発表した数字であり、具体的な出所や使い途はわかっていない。私どもは一切投資していない」と同作品への補助金交付を否定した。


記事に添付されている写真を見れば、怒りの原因は一目瞭然です。稚拙なキャラだらけで、期待外れなのは明らかです
動画をブログに添付しておいたのですが、削除されてしまったのか、お見せできません
なので、2014年に作られた別物の、テレビシリーズの動画を添付しておきます。キャラの描写など、各段に向上しています

戚繼光10



(関連記事)
韓国系漫画家の自伝アニメがアヌシー映画祭でユニセフ賞
2010年中国人が選ぶ人気アニソンTOP10
中国のSFアクションアニメ「月塵」の紹介
なぜガンダムは海外で人気がないのか
韓国のひどいアニメ「スペースガンダム∨」
「怪盗ルパン」未発表作品がフランスで出版される
フランス現代美術館で日本漫画を紹介するイベント
血飛沫舞い散る中国の学生アニメ「SUB WARS」
韓国 実写版「テコンV」資金不足で中断
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
最新の中国ロボットアニメ「Combat Armor Steel Wings」
アニメキャラとセーラー服を語る米国人
カンヌ映画祭へ殴り込み 韓国アニメ「豚の王」
「名探偵コナン」になれなかった金田一少年
Cool Japanに勝利したCool Koreaと報じるメディア


中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)
講談社
陳 舜臣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル