イタリア版「戦艦大和」、海底で残骸を発見

第二次世界大戦で撃沈されたイタリアの大型戦艦の残骸が海中で発見された、とAFP通信が報道しています
記事のタイトルにわざわざ「大和」とつけているのは、日本の読者を釣るためなのでしょうか?


イタリア海軍は28日、サルデーニャ(Sardinia)島沖で第二次世界大戦中にドイツ軍の爆撃を受け沈没したイタリアの戦艦「ローマ」の残骸を発見したと発表した。「ローマ」は日本の戦艦大和を上回る射程距離42.8キロの主砲を備え、当時のイタリア軍の最新鋭艦だった。
発見場所はサルデーニャ島の北方沖30キロメートルほどの水深1000メートルの海底。イタリア人技術者の開発した潜水ロボット「Pluto Palla」がその姿を確認した。
「ローマ」がドイツ軍戦闘機の爆撃を受け沈没したのは、進水からわずか1年3か月後の1943年9月9日。乗員1352人が死亡し、助かったのは662人だけだったという。その少し前、イタリアでは独裁体制を築いていたベニト・ムソリーニ(Benito Mussolini)が権力の座から追放され、日独伊三国同盟を脱退していた。
(AFPの記事から引用)


戦艦「ローマ」は全長約230メートル、搭乗兵員1830人という大型戦艦です
ちなみに戦艦「大和」は全長263メートル、搭乗兵員2500人です
戦艦「ローマ」の記録映像とCGを盛り込んだ動画です



第二次世界大戦でイタリアとドイツとともに戦ったのですが、一足先に連合国側に降伏しています
その後、ドイツの空軍が敵側になったイタリア海軍の艦隊を攻撃します
さて、海底に沈んでいる戦艦を発見したからといって、これを引き揚げたりする考えはイタリア政府にあるとは思えません。財政破綻状態ですから、とてもそんな予算は捻出できないはずですし、引き揚げたところで利用する手立てもあるとは思えません
ただ、歴史の彼方に埋もれた史跡を発見した、というエピソードなのでしょう
日本でも海底に沈んでいる戦艦「大和」を引き揚げるべきだ、と主張する人がいます。が、これも実現するとは思えません
第二次世界大戦において、日本は航空機によって真珠湾を攻撃し、アメリカの主力艦隊に大打撃を与えました。大艦巨砲時代を終わらせたといえるほど、画期的な戦術の転換を示したわけです
にも関わらず、日本の海軍首脳が大型戦艦である「大和」や「武蔵」の建造に執着したのは明らかに判断ミスでしょう
戦艦「大和」が米軍の航空機攻撃によって沈められるという結果を、海軍首脳たちはどう受け止めたのでしょうか?

(関連記事)
リメイクで復活 アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」
「宇宙戦艦ヤマト」をパクった韓国アニメ「宇宙戦艦亀船」
木村拓哉、実写版映画『宇宙戦艦ヤマト』の見どころ
木村拓哉主演「宇宙戦艦ヤマト」 前売券が売れない
木村拓哉主演映画「ヤマト」 軍国主義復活と騒ぐ韓国メディア
「海は甦える」
日露戦争 バルチック艦隊司令官のその後が明かされる
北朝鮮「日米のイージス艦を撃沈してやる」発言
中国潜水艦 ミサイル発射実験に失敗し大破


第二次世界大戦〈1〉 (河出文庫)
河出書房新社
ウィンストン・S. チャーチル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第二次世界大戦〈1〉 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル