里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決

里子として預っていた3歳の女児に暴行を加え、死亡させたとして起訴された元声優の鈴池静被告に対し、東京地方裁判所は「家族の反対を押し切って里子として預かりながら、容赦なく苛烈に暴行した」として、懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡しています


東京・里子女児暴行死事件 声優の女に懲役9年の判決 東京地裁
東京・杉並区の自宅で2010年、里子の3歳の女の子に暴行して死なせた罪に問われている声優の女の裁判で、東京地裁は、懲役9年の判決を言い渡した。
3歳の里子を死なせた傷害致死の罪に問われた里親への裁判は、13日、判決の日を迎えた。
懲役9年の判決を言い渡された際、鈴池 静被告(44)は、全く表情を変えることなく、前を見据えたまま判決を聞いていた。
声優の「遊魚 静」こと鈴池 静被告。
鈴池被告は、ブログで「里子の目が左右に離れたり、白目をむいて追いかけてきたりというゾンビ現象が続いていて、親でさえ不気味に感じるほどの驚くべき顔」とつづっていた。
鈴池被告は、2010年8月、里子として育てていた当時3歳の渡辺 みゆきちゃんを、自宅で殴るなどして死亡させた罪に問われた。
公判中、鈴池被告は「裁判をしても真相はわからない。暴力をふるったことは一度もない」と、法廷で涙ながらに語る場面もあった。
弁護側は、鈴池被告が里子をかわいがっていたとして、家族以外の第三者が暴行を行った可能性があると無罪を主張した。
一方、検察側は、暴行の機会があったのは被告のみで、酒の影響もあって犯行に及んだとして、懲役10年を求刑していた。
(FNNの記事から引用)


鈴池静被告を声優と表現するのはどうか、と思ってしまいます。事件後、彼女の声優としての職歴に虚偽があると判明したからです
自身のプロフィールではリカちゃん人形の電話の声を担当したと書いていました
が、1997年の「リカちゃん声優コンテスト」で準グランプリに選出されたものの起用はしていないと、タカラトミーは明らかにしています
実際にはテレビ番組やコマーシャルのナレーターなどをこなしていたようで、それも声優の仕事といえばそうなのでしょうが
さて、以前にもこの事件は当ブログで取り上げました
鈴池静被告の経歴詐称も、里子を迎えるやさしいお母さんを演じようとする見栄っ張りな性格に由来するものと考えられます
社会人ながら早稲田大学の大学院に通い、公共経営研究科博士課程修了とい学歴の持ち主でもありますが、本当に公共政策に興味・関心を抱いていたのかは疑問です。早稲田の大学院卒、という肩書き欲しかったからではないか、と思ってしまいます
仕事もやり子育てもやり、家事もこなし、大学院にも通うという虚像に憧れ、せっせと取り組んでいたのかもしれません。そうした姿を認められ、誉められたいとの強烈な願望が彼女の中にあったのでしょう
家族が本当に鈴池被告の行動に賛成し、支持していたのかは疑問です
今回の里子の件でも、鈴池被告は家族の反対を押し切る形で決めたと判決の中で指摘しています
その上、裁判では里子に暴行を加えた事実を頑なに否定し、家に侵入した第三者が暴行を加えたなどという荒唐無稽な主張を展開し、自らの責任を認めようとはしないままでした(弁護人の創作なのかもしれませんが)
鈴池被告はおそらく判決にも不満たらたらで、「私がこんなに頑張ってきたのになぜそれを認めてくれないの」と憤っていると推測されます
向上心による行動も、見栄による行動も大差はありませんし、里子を迎えて育てようとした行為自体を批判するつもりはありません
しかし、鈴池被告は里子の将来を思いやったりせず、ただ自分の虚栄心を満たすための手段として里子を迎え、自分の思うようにならないからと憎悪をつのらせ暴行を加えるに至ったわけで、根本的なところで考え違いをしていたと言えます
さて、懲役期間のうちに彼女は自分自身と向き合えるのでしょうか?

(関連記事)
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
里子を殴り殺した声優の事件を考える 続報
「里子虐待の声優」事件を考える3 虚栄と真実
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
ラーメン殺人判決公判も美談扱いの怪


漂流家族―子育て虐待の深層
河出書房新社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 漂流家族―子育て虐待の深層 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル