毎日新聞が「2ちゃんねるの加害生徒への集団いじめ」と報じる

毎日新聞が大津市立皇子山中学校のいじめ事件について、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」が匿名を盾に加害生徒に集団でいじめを繰り返している、と告発するような記事を掲載しています
しかし、記事の中で引用されている「2ちゃんねる」の書き込みとされる文章はまったく別のサイトからの引用であり、捏造した情報に基づく記事です


50年も前、小6の頃、同級生から、「カネ、持って来い!」と命令された。
仕方なく、母親の財布から5円玉を3枚くすねて“要望”に応えたが、ある日、母親から「お前を泥棒にするつもりはないから出て行きな!」とこっぴどく叱られた。
「悪ガキにいじめられているんだろう。その子の親に『お袋に5円玉を盗むのを見つかったのでこれが最後です』と言って15円渡しておいで!」と言う。
どうしたら良いだろう。
結局「実はおふくろに…」と事情を話したら、悪ガキは驚いて「いじめ」は終わった。
「いじめ」は、いつの時代にもあった。
同窓会で再会した悪ガキは「覚えていない」と真面目に答えていたから、我々の時代の「いじめ」は“加害者”がすっかり忘れてしまうような「悪戯」だったかもしらない。
それに引き換え…大津市で起きた「いじめ」が原因とみられる生徒の自殺。涙が出た。自殺の練習をさせられた、と聞き、これは「犯罪」いやいや「悪魔の仕業」ではないか?とさえ思った。
半世紀で「いじめの質」が変わった。もっと恐ろしいことも起こっている。
7月初め、ネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」に「中2自殺 生前に自殺練習強要」というタイトルでスレッドが立つと、書き込みが殺到。
「加害者親子共々逮捕してろう屋に入れとけよ。ああ、ついでに警察も一緒に入っとけ。そんで死ぬまで出てくんな」
聞くに堪えない文言が続く。
正義感の発露と思いたいが、これは“加害者”に対する集団「ネットいじめ」ではないか。そればかりではない。自殺した中学2年に対しても侮蔑の言葉が出てくる。家庭を、学校を、地域を、中傷する。
匿名を盾にして集団で個人を辱める掲示板こそ、日常的に「いじめ」を繰り返す集団リンチではあるまいか?
この半世紀で、トゲトゲしい「物言い」が普通になった日本。
「いじめ」を憎む言葉が新しい「いじめ」を生む。第2、第3の自殺者が出なければいいのだが…。(一部略)


「加害者親子共々逮捕してろう屋に入れとけよ。ああ、ついでに警察も一緒に入っとけ」の部分は「2ちゃんねる」ではなく、別のウェッブサイトの書き込みです
こうしたさも事実であるかのように、匿名掲示板はけしからんとの印象操作を行なっているわけです
もちろん、上記の発言よりもひどい書き込みが「2ちゃんねる」にあるのは否定しませんが
そもそも上記の記事は、毎日新聞の記者が自らのいじめ体験に照らして大津のいじめ事件を語っている風を装いつつ、インターネットの世論を全面否定しようというものです。過激な発言こそあれ、中学校のいじめの結果1人の生徒が自殺に追い込まれる惨事に対する怒りが根底にあるわけで、そうした世の中の人々の怒りと被害者の無念に寄せる思いをばっさり否定するような権利が毎日新聞にあるのでしょうか?
「リンチ」と表現していますが、加害者である中学生のように殴ったり蹴ったり、あるいは屈辱的な行為を強要しているわけではありません
犯罪行為をなした加害者へ怒りを表明することすら、「けしからん」と言われる筋合いはないのです
それとも加害者を咎めるのはメディアである新聞社の権限であり、一般市民は黙っていろとでも言いたいのでしょうか?
毎日新聞がインターネットの世論を敵視するのは今回が初めてではなく、これまでにもさんざん繰り返してきました
発行部数が落ち込み、新聞社として生き残れるかどうかの崖っぷちに追い込まれた毎日新聞の足掻きとしか思えません
世論が存在するのは毎日新聞の編集局のデスクではなく、インターネットの中です

(関連記事)
世論が住む場所
男子中学生が小学生を恫喝する動画をYouTubeにアップ
いじめ動画をサイトにアップした中学生送検
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津の中学生自殺 学校側はいじめを把握
大津の中学生自殺 加害者たちの現在
大津市教育長 ハンマーで殴られ負傷
大津市いじめ事件 生徒が女性教諭へ暴行するも隠蔽
大津のいじめ事件 正義を批判する哲学者の珍説
大津中学生自殺 教師への傷害で学校が被害届
大津市の中学生自殺 第三者委員会がいじめを認定
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
兵庫の県立高校で自殺 校長は「不慮の事故」と表現
横浜市で原発避難生徒いじめまくり 学校は放置


輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書)
新潮社
佐藤 卓己

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル