韓国で放送中の人気アニメ「雲のパン」

これまでにも韓国のアニメーションを何度か紹介していますが、賞賛できる作品というものはほとんどありませんでした
当ブログの姿勢としては日本のアニメーション作品と比較し、その優劣に言及するのが前提ですから、見劣りする韓国のアニメーション作品を無理やり誉めるわけにもいきません
さて、今回紹介するのは韓国の放送局KBSで現在でも放送が続いているこども向けアニメーション「雲のパン」です
2005年ボローニャ国際児童図書展で注目された韓国の絵本「雲のパン」をアニメ化したものであり、KBSでは2011年から放送が続いています

「雲のパン」



こども向けアニメーションだからとって手を抜いたりせず、丁寧に作られているところに好感がもてます
絵本の世界であるのを前提に、登場人物の紙のような薄っぺらい姿で描かれており、CGアニメっぽさを極力抑えた作りになっています(もちろん手描きではなくCG合成なのでしょうが)
韓国のこども向けアニメで世界各国へ輸出されている「ポロロ」が、いかにもCGアニメっぽい絵であるのとは対称的です
どちらが優れているのか断定はできませんが、「雲のパン」には手描きの絵本をめくるようなわくわくする期待感があり、それはこどもたちも感じ取れるのではないでしょうか?
「雲のパン」のように、日本のテレビアニメーションとは違う方向を目指すのであれば、韓国のアニメーションも成功する可能性が十分にあるのではないか、と感じます

(関連記事)
絵本のような韓国の昆虫アニメ「ブルと森の仲間たち」
韓国アニメ「千字文」は「ドラゴンボール」のパクリ?
中国アニメ「超獣武装」はパクリ満載
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
短編アニメでベルリン銀熊賞受賞も仕事が無い
劇場版NARUTO新作 主題歌はアジカン
韓国系漫画家の自伝アニメがアヌシー映画祭でユニセフ賞
2010年中国人が選ぶ人気アニソンTOP10
【中国BBS】中国版パクリ初音ミクが海外で評判悪いらしいぞ
中国のSFアクションアニメ「月塵」の紹介
中国アニメ「戚継光英雄伝」に酷評殺到
なぜガンダムは海外で人気がないのか


絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)
福音館書店
福音館書店母の友編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル