韓国大統領の竹島訪問 日本はあらゆる対抗措置を

日本固有の領土である竹島に韓国が警察の駐屯所を作ったのは、橋本内閣の時です。その際に日本が毅然とした対応をしなかったため、竹島を韓国が実効支配する状況がずるずると続き、今日に至っています


極めて遺憾であり、日韓関係の将来に大きな禍根を残す愚行としかいいようがない。韓国の李明博大統領の竹島(韓国名は独島)訪問である。
日韓双方が領有権を主張する竹島を、韓国の大統領が訪れたのは初めてだ。日本側の中止要請を無視し、李大統領が訪問を強行した背景には、政権浮揚のための国内対策や、旧日本軍の従軍慰安婦問題の対応をめぐる日本政府への不満があったとされる。
とくに残りの任期が約半年となり、支持率が低迷するなか、親族や側近の不正疑惑で国民の政権離れが深刻になっていた李大統領にとっては、何らかの手を打つ必要があったのかもしれない。
竹島は1905年に島根県に編入された経緯があり、韓国では日韓併合の負の歴史と重ねてとらえる傾向が強い。国民の関心は極めて高く、ただでさえ「反日」感情をあおりやすい。
李大統領の竹島訪問は、たとえ政権の求心力回復をねらう切り札だったとしても、日韓関係にとって得るものは何もない。互いの国民感情を著しく損ね、将来の関係修復を一層難しくしただけだ。日韓関係への外交的な配慮があまりになさ過ぎたのではないか。
李大統領はかねて、実利優先の立場から日韓の未来志向の関係づくりを唱えてきた。歴史問題には深入りしない姿勢をとってきただけに、極めて残念だ。
日本政府が厳しく抗議し、相応の対応をするのは当然だ。ただ感情論に左右されず、冷静に対処していく必要もある。
なにより日韓は互いに主要な貿易相手国だ。北朝鮮の核問題をはじめ、北東アジアの安全保障分野でも協力していかなければならない隣国である。長期的な視野に立って対応していくのが望ましい。
日本の政権が弱体化し、韓国に限らずロシアや中国など周辺国から足元を見透かされていることも見過ごせない。領土問題は国益に直結する懸案だ。超党派で真剣に議論していくべきだろう。
(日本経済新聞の記事から引用)


現在の野田内閣の責任は否定できませんが、橋本内閣以降の歴代政権が竹島問題解決のために手を打とうとせず放置してきたことの方が問題でしょう
日本の歴代政権が寄らず触らずの態度を取ってきた結果、韓国を増長させたと言えます
今回こそは日本政府が明確な姿勢を示すべきでしょう
あらゆる対抗措置を講じ、韓国への圧力を強めるべきです
韓国人の日本入国を全面的に禁止するとか、日本に滞在している韓国人の強制退去とか、即効性のある措置が望ましいと考えます
特別在留許可で日本に定住している在日韓国人についても、この許可を取り消して国外退去させるべきでしょう
そもそも特別在留許可は朝鮮戦争を理由に設けられたものです。すでに朝鮮戦争は過去のものですから、特別に在留を許可する理由は存在しません
これを機に在日韓国人の国外退去を推進させるのが妥当と考えます。もちろん日本への帰化申請は認めるべきではありません。帰化申請を認めたのでは制裁措置にならないのですから
もちろん日本政府だけが対抗措置を講じればよいというものではありません
民間でもやれることはいくらでもあります
国際線で韓国の航空会社を利用しない、という活動もあります。さらに韓流と称する韓国芸能人の活動を容認せず、テレビ出演には抗議し、韓国ドラマの放送中止を求めるのもありでしょう

(関連記事)
竹島での観光施設建設を取りやめた韓国政府
島根地裁 韓国人の竹島訴訟を門前払い
教科書に竹島、尖閣を「領土」と明記
NHK動画をパクって竹島領有権を宣伝する韓国
「竹島の日」見送りは誤ったメッセージの発信
「安倍政権」誕生を畏怖する韓国メディア
「過去の戦争を総括すべき」という橋下市長への疑問
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
週刊朝日「日本の領土主張こそが問題だ」と日本を批判
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
「反日なら何でもあり」の韓国
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「日本に大打撃を与えた」と日本海表記問題を報じる韓国
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
日本の皇室に嫉妬する韓国
「憲法9条にノーベル平和賞を」と訴える主婦
法務省がシー・シェパード活動家の入国を拒否


竹島=独島論争―歴史資料から考える
新幹社
内藤 正中

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島=独島論争―歴史資料から考える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル