ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論

ワイアードニュースが、ディズニーのアニメ作品のヒロインとスタジオジブリのアニメ作品のヒロインを比較し、考察する記事を掲載しています
万人向けであるディズニーのアニメについて、なかなか辛辣な指摘を展開しています

ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論

記事の中ではディズニーのアニメに特有のヒロイン像として語られていますが、これはアメリカ映画が提供する典型的なヒロイン像を解釈して構わないでしょう
つまり、ジョン・ウェインのようなタフガイに助けられる女性、というイメージです
映画の中でヒロインはさまざまな事件、トラブルに巻き込まれるのですが、彼女たちは決して自ら手でそれを解決したりはしません
颯爽と出現したヒーローの手によって彼女たちは救われ、恋に落ちるわけです
ディズニーのアニメもその範疇にとどまるわけで、世の親たちは男性の手によって救われるヒロインの物語を、「安心してこどもに見せられるもの」と判断しているのです
記事ではそんな「いつか白馬の王子様が目の前に現れて・・・」というドラマを批判し、その対極に位置するものとしてスタジオジブリのアニメに登場するヒロインを取り上げています
ただ王子様の出現を待っているのではなく、「運命に甘んじようとせず、自らの手で人生を切り拓こうとする」ヒロインたちです
指摘そのものは特に目新しい内容ではありませんが、ディズニーのアニメ(そしてアメリカの映画)が作り出すヒロイン像に異議を唱える記事が珍しく感じられたので取り上げました
映画やアニメーションを取り上げた報道も、その大部分は宣伝のための提灯記事であり、作品を持ち上げ「これは是非とも映画館へ行って見るべきだ」とする内容がほとんどです
大手メディアとは志向が異なる、ギーク向けの記事中心のワイアードニュースならではなのでしょう
これだけでは当ブログで取り上げた甲斐がないと思いますので、インターネットで読める、「宮崎駿の描くヒロイン」論を幾つか紹介しておきます(作品論も含みます)

「宮崎駿 ヒロイン論」

ナウシカあるいは旅するユートピア 

「耳をすませば」試論

物語作家としての宮崎駿論

まだまだ山ほどありますが、このくらいにしておきます
アニメーションは「見る楽しみ」もありますが、「語る楽しみ」もあります
こうしたアニメーションを語った「私論」がインターネットの中で数多くあり、埋もれさせておくのは実にもったいない気がします
アンソロジーとして編集したり、リンク集をつくってくださる方がおられれば助かるのですが

(関連記事)
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
スタジオジブリ 女性に監督は無理と語り批判浴びる(2016年)
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
黒澤明・宮崎駿対談映像
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
映画「耳をすませば」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「宮崎アニメは父権社会批判」と主張する中国の意見
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
https://05448081.at.webry.info/202007/article_2.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
https://05448081.at.webry.info/202007/article_1.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
「ナウシカ解読」
https://05448081.at.webry.info/200903/article_4.html
「ドラえもん亡国論」という暴論
中国掲示板 「日本のアニメ復讐譚がないからつまらない」
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
アニメ「マダガスカル3」 宣伝効果なく苦戦
大コケ ピクサーアニメ「メリダとおそろしの森」
手塚治虫「ブラック・ジャック」をアメリカで実写ドラマ化
韓国アニメ「千字文」は「ドラゴンボール」のパクリ?
中国アニメ「超獣武装」はパクリ満載
「坂道のアポロン」 海外の反応
日本を訪れるべき「オタク」的理由10選
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
韓国で放送中の人気アニメ「雲のパン」
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
短編アニメでベルリン銀熊賞受賞も仕事が無い
「日本人は島国生活のせいで保守的だ」という説への疑問
中国アニメは自国文化賛美がブーム
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?


風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡
ロッキング・オン
宮崎 駿

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル