週刊朝日「日本の領土主張こそが問題だ」と日本を批判

竹島問題を巡る韓国側の報道について前回取り上げました。では、日本側の報道はどうなのでしょうか?
韓国メディアがおバカな記事を書いているのに比べ、週刊朝日は随分と策を弄した記事を掲載しています
週刊朝日の記事は元外交官佐藤優の口を借りて、「日本の外交がだらしない」と批判していますが、その基底には「日本の領土主張こそが周辺諸国との軋轢をもたらしている。右傾化している日本に問題があるのだ」との主張が透けて見えます


「領土問題」中韓の挑発は「帝国主義の復権」なのか?
実は、まさに日本の「終戦の日」に出された米ウォールストリート・ジャーナル(15日付)に、〈日本でナショナリストの影響力が拡大―領土問題受け〉と題された記事が掲載された。要は、日本の"民族派"の政治家や活動家の影響力が強まり、中韓との関係で、野田政権の頭痛のタネになっているという内容だ。世界は日本の"右傾化"を見ているのである。世界の共感を得るためには、日本を正しく知ってもらう必要がある。しかし、日本の外交は、相変わらず不安要素だらけ。


いったいどの部分を見て、「世界は日本の右傾化を見ているのである」と断言できるのでしょうか?
ウォールストリート・ジャーナルが多くの読者を持つメディアであるのは明らかだとしても、ウォールストリート・ジャーナルが国際社会の通念や国際世論を代表しているわけではありません
中国共産党などはまさに左翼帝国主義であり、周辺諸国と数多くの領土紛争を抱えており、また国内でもチベットやウイグルなど少数民族を圧迫しています。にも関わらず「日本の右傾化」が問題の根源であるかのように指摘するのは大間違いであり、とてもまともな見識だとは思えません
日本が左翼思想に染まればすべては解決するのでしょうか?
ちなみに佐藤優は「日本が右傾化している」とか、「日本の領土主張こそ帝国主義である」などとは発言していません。佐藤優の発言を巧みに織り込みつつ、あたかも問題の根源がそこにあるかのように読者をミスリードしようと企図した記事です
週刊朝日の記者が勝手に「日本の領土主張」が周辺諸国との軋轢を生んでいるのだと決めつけ、ウォールストリート・ジャーナルの記事を「我が意を得たり」とばかりに引用して、「国際社会が日本の右傾化を警戒している。このままでは日本は孤立するだろう」と警鐘を鳴らしているつもりなのでしょう
そもそも領土を巡る争いなど太古の昔から繰り返されており、右傾化が原因ではありません
さらに竹島問題で日本が譲歩したところで、韓国が反日をやめたりはしません。竹島で勝利したと勘違いし、ますます日本への要求をエスカレートさせるだけです。これも日本の右傾化などとまったく関係のない話なのです

(関連記事)
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
教科書検定を批判する東京新聞の社説
竹島での観光施設建設を取りやめた韓国政府
島根地裁 韓国人の竹島訴訟を門前払い
教科書に竹島、尖閣を「領土」と明記
「竹島の日」に韓国が抗議
韓国大統領「竹島訪問日本が右傾化したから」発言
「竹島の日」見送りは誤ったメッセージの発信
「安倍政権」誕生を畏怖する韓国メディア
「故郷を奪われた者の思い」と発言する在日3世ピアニスト
「過去の戦争を総括すべき」という橋下市長への疑問
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
「日本は滅亡する」と書く韓国メディア
竹島問題で韓流は生き残れるか?
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国大統領の竹島訪問 日本はあらゆる対抗措置を
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
「反日なら何でもあり」の韓国
日本の皇室に嫉妬する韓国
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「日本に大打撃を与えた」と日本海表記問題を報じる韓国
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
「憲法9条にノーベル平和賞を」と訴える主婦