竹島問題で韓流は生き残れるか?

韓国メディアは盛んに日韓の政治衝突が、「韓流ブームに影響を及ぼしたりはしない」とか、「韓流はすでに日本に定着しており、韓流を奪われれば日本の女性が怒り出すはずだ」などといった記事を書いています
現実を検討し、吟味して書いているのではなく、彼らの願望なのでしょう
聯合ニュースは以下の記事を配信しています

独島問題「韓流に影響ない」=韓国芸能関係者

むしろ影響はこれから現れるのであり、現時点で「影響なし」と決めつけるのは早計でしょう
例えば年末の紅白歌合戦です。K-POP歌手の出演を決めれば、NHKに抗議が殺到するのは目に見えています。受信料不払いの動きも出るでしょう
それに抗ってまでNHKがK-POP歌手の紅白歌合戦出場を決める可能性は限りなく低いと思われます
テレビドラマも今後は難しくなると考えます。テレビ局の意向はともかく、番組の提供スポンサーに抗議が殺到する事態が予想される状況で、あえて韓国のテレビドラマのスポンサーを買って出る企業がどれだけいるのでしょうか?
日本のメディアの中にも、「政治と韓流は別だ」とする主張を掲げているところがあります
「女性セブン」の9月6日号にはエッセイストの北原みのりのコメントで、「今回の騒動は、自分たちより劣っていると思っていた国が、女性たちの心をつかみ、経済的にも同等になっていることへの嫉妬もはいっているのでは? 韓国でも日本でも、政治がらみでやりあっているのは男の人ばかり。男同士の争いのために、韓流という女の遊びを奪わないでって思います」とのコメントが載っています

北原みのり氏「竹島のために韓流という女の遊び奪わないで」

ただし北原みのりのコメントには大きな思い違いがあります。あたかも日本の女性が皆、韓流好きであるかのような思考は大間違いですし、女性が領土問題に関心がないと決めつけるのも間違いです
これではまるで女性が政治意識に欠けているかのような表現であり、北原みのりの偏見でしょう
さらに自分よりも格下だと思っている相手に羨望を抱いたりしません。「日本人は韓国に嫉妬している」と決めつけるのは大間違いです
上記の記事では金美齢による韓流好き女性への批判も盛り込まれており、一方的に韓流を擁護するものではありません
韓流がこの先どうなるのか、じっくりとその動向を見極めましょう

(関連記事)
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
竹島での観光施設建設を取りやめた韓国政府
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓流スター「芸能人オーラ炸裂で日本のスーパーを焦土化」
「竹島の日」見送りは誤ったメッセージの発信
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
「過去の戦争を総括すべき」という橋下市長への疑問
K-POPの紅白出場なしを懸念する韓国メディア
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
「日本は滅亡する」と書く韓国メディア
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
週刊朝日「日本の領土主張こそが問題だ」と日本を批判
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国大統領の竹島訪問 日本はあらゆる対抗措置を
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
「反日なら何でもあり」の韓国
日本の皇室に嫉妬する韓国
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「日本に大打撃を与えた」と日本海表記問題を報じる韓国
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
韓国メディア「これからは漫画ではなくK-Comicsの時代」
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ


ブスの開き直り
新水社
北原 みのり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブスの開き直り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル