給料不払いに揺れる中国サッカーリーグ

中国のプロサッカーリーグ、スーパーリーグのチームが相次いで大物選手を獲得し、話題になりました
メディアの中には「中国の経済発展」の表れであると手放しで絶賛する報道をしていたところもあります
しかし、実態はそんな華やかさとは違い、クラブの経営を巡るドロドロの内紛劇が背景にあり、獲得した大物外国人選手への給料支払もままならない状態だと伝えられています

<サッカー>上海申花のドログバ、給与不払いでユベントスへ電撃移籍か

サッカー選手が現役でプレーできる時期は短いのですから、少しでも高い給料を支払ってくれるクラブへ移籍しようとするのは当然です
しかし、その給料が支払われないのであれば、いかに弁解しても中国のサッカークラブの評価は暴落するに違いありません
上海申花は出資者である朱駿と、クラブの株の大半を保有するグループとの間で対立があると記事では説明されています
別の報道によれば、中国のスーパーリーグに所属するクラブのオーナーのほとんどが不動産業者であり、不動産バブルで手にした資金をサッカークラブの経営に注ぎ込んでいるのだとか
しかし、中国の不動産景気にも陰りが見え始めており、今後もクラブの経営資金を確保できるかは微妙な情勢です
中国のスーパーリーグは競技レベルが低く、観客動員も伸び悩んでいます。ヨーロッパーのサッカーリーグのように試合の放映権が高値で取り引きされるわけもなく、クラブの経営は火の車でしょう。オーナーである不動産業者が赤字を補填しているからこそ、かろうじて経営が維持されているのかもしれません
中国はサッカーのワールドカップ開催国を目指しているわけですが、スーパーリーグのこうしたトラブルは限りなく印象を悪化させます
いかに世界第2位の経済大国にのし上がろうとも、「中国のワールドカップ開催はまだ早い。中国のサッカーはその水準に達していない」と言われるはずです
2010年には中国サッカー協会の副会長が収賄容疑で逮捕され、大規模な不正疑惑が持ち上がっていました

中国サッカー 大物がお縄に――賭博が蔓延 背後には黒幕が?


その後、どうなったかは不明ですが、中国のサッカー協会がゴタゴタしているようでは代表リームの強化もままならないのでしょう

(関連記事)
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
練習妨害のFCソウルに怒るリッピ監督
カンフーサッカー炸裂 中国対オランダの親善試合で
ゴールキーパー川島を揶揄した仏テレビ局が謝罪
なでしこ宮間選手を絶賛 米メディア「これが日本の文化だ」
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
中国サッカー アジアカップでも惨敗
中国サッカー 政府関係者の妄想炸裂
日本と中国のサッカー 監督の差?
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
アジア大会サッカー 日本が男女とも優勝を決める
アジア大会サッカー 日本は3-0で中国に快勝
サッカー日本戦の敗北にうろたえる中国
なでしこジャパンの敗れた中国、韓国の反応
なでしこ優勝に中国・韓国監督は「日本に勝てる」と豪語