49歳女性の不倫殺人 12歳下の男性を刺す

不倫関係の清算を巡るトラブルというのは珍しくもありませんが、こじれた挙句に殺人にまで至ってしまったケースを取り上げます
2人のこどもを抱えて離婚していた49歳の女性が、12歳年下の職場の男性(既婚者)と不倫にのめり込んだ挙句、別れ話を切りだされたため刃物で男性を刺し殺した事件です


8月18日午前10時半ごろ、東京・池袋のラブホテルの一室から一戸良枝容疑者(49)は「人を殺してしまった」と通報した。池袋署員が駆けつけると、床には37歳の男性会社員が血を流して倒れていた。
取り調べによると、男性は良枝容疑者の会社の上司で昨年5月ごろから不倫関係にあったという。今年2月から別れ話を持ちかけられていたようで、凶器となった刃渡り20センチのナイフは彼女が持ち込んだものだった。
「良枝さんは子供が生まれてしばらくして、旦那さんと子供2人で実家に帰ってきて、ご両親と妹さんと一緒に暮らしていました」と近所の主婦は語る。しかしその後、良枝容疑者の元夫は蒸発。約10年前のことだった。
以来、実家で暮らしていた彼女。会社勤めをしていたこともあり、高校2年の女の子と中学3年の男の子の子育ては、両親に頼りきりだったようだ。
49歳での恋愛を”最後の恋”と思い、子供のことも忘れ、不倫にのめり込んでいたのだろうか。そんななかで、相手の男性を失いたくないという思いが、彼女に刃物を持たせたのかもしれない。
良枝容疑者と被害者がラブホテルに入ったのは、8月17日の夜11時ごろで、翌18日の午前1時ごろに男性の左下腹部をナイフで指している。110番通報したのは、午前10時ごろだった。つまり彼女は9時間もの間、彼と一緒の部屋にいたことになる。
犯行の理由について、良枝容疑者はこう語っているという。
「手を触ったら『気持ち悪い』と言われ、カッとなって刺しました……」
(女性自身の記事から引用)


逮捕された一戸良枝容疑者が不倫関係をどう説明しているのか、認識していたのか、記事では触れていません
強いて憶測すれば、離婚して一家を支える役割を担った一戸容疑者にとって仕事に明け暮れる生活は重荷だったのでしょう。こどもたちが学校を卒業し、自立するまでは自分が頑張らなければならないと理解はしていたものの、時給千円くらいの仕事では早朝から遅くまで働いても収入は限られます
年下の男性との不倫関係に一戸容疑者は希望を見出した、と思われます
男性が自分に夢中になり深い結び付きができれば、いつかは妻子と分かれ自分と結婚してくれるのではないか、と勝手な思いを募らせたとのかもしれません
そうなれば苦しい生活から逃れることができ、夢も希望もある暮らしが手に入るのですから
他方で男性の側はどうだったのでしょうか?
一戸容疑者の夢中になっていたわけではなく、セックスができる都合の良い女と見ていたのでしょう
妻子と別れる気などなく、後腐れのない関係を続けていたつもりが、一戸容疑者が別れ話に応じないと分かり焦っていたとも考えられます
上記のように、一戸容疑者としては苦しい生活から抜け出すための唯一の希望ですから、男性にしがみついて絶対に離すまいとしたはずです
池袋のラブホテルで男性を刺した一戸容疑者が、警察に電話し自首するまで9時間も費やしています
男性の遺体を前にして一戸容疑者が9時間もの間、何を考えていたのかは分かりません。手にしかけた希望が失われた喪失感をただただ反芻していたのかもしれません
最初は「割り切った大人の関係」であったはずが、どうにもならない泥沼に陥ってしまったと言えばそれまでです
男性の側にすれば、「妻子と別れ、12歳も年上で子持ちの女性と再婚する」といったビジョンを描けるはずはありません
一戸容疑者が勝手に舞い上がり、思い込み、執着した挙句に殺害に至ったと考えられます。しかし、どう弁明したところで殺人事件ですから、一戸容疑者は長い刑務所暮らしが待っています
被害者である男性の妻も夫を失ったのですから、一戸容疑者を許す気にはなれないでしょう
家族の人生をも狂わせてしまったのですから、不倫の代償はあまりに高いものだったと言えます

(関連記事)
札幌作業療法士殺人 不倫の清算
https://05448081.at.webry.info/202101/article_21.html
自殺した松下経済大臣 愛人関係のもつれが原因
巨人原監督 不倫で1億円支払う
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
ドラマ「運命の人」 不倫し捨てられた女性事務官の今
特ダネのためなら不倫もあり 毎日新聞記者
ドラマ「運命の人」 ネタ欲しさに人妻と不倫した新聞記者
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
不倫殺人 人妻と年下の専門学校生の暴走
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決


不倫の恋で苦しむ女たち (新潮文庫)
新潮社
亀山 早苗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不倫の恋で苦しむ女たち (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル