強姦で逮捕の同志社大生 「千人斬り目指す」と豪語

ツイッターで自身の悪行を自慢し、炎上する騒動が日常化しています
第三者から見れば限りなく愚かしい行為なのですが、つぶやいている本人にはその自覚が欠如しており、「どうだすげーだろ、オレ」と自慢し、天下を取ったがごとき万能感に浸っているように映ります
先日、同志社大学の学生が仕事帰りの若い女性を無理やり自室に連れ込んで、強姦しようとした疑いで逮捕される事件がありました
この大学生はツイッターで、「大学卒業までに1000人斬りを目指す」と豪語していたのだとか

卒業までに1000人斬りや「目指せ加藤鷹」などと自身のツイッターに書いた性獣大学生を強姦未遂で逮捕

逮捕された平隆久容疑者がどのような人生を歩んできたのかは不明ですが、単なるスケベではなく、セックス依存症のように思われます
あるいは何か強迫的な思念に突き動かされ、セックスへの欲求を自制できなかったのでしょうか?
逮捕されたとの知らせを受け、親は慌てて弁護士を雇い被害者との示談を試みるのでしょう。結果として相当額の慰謝料を支払うとともに、被害届を取り下げてもらい、平容疑者は不起訴処分になるのかもしれません
それでもセックスに取り憑かれた平容疑者は同様に犯行を繰り返す可能性があるので、根本的な治療が必要でしょう
記事に書かれた内容だけでは何とも言い難いところですが、女性との交際にはほとんど関心はなく、次々と女性を口説いてはセックスすることにのみ関心が向いているようです
多数の女性とセックスするのが目的化しているのはなぜなのか、その行動の意味を読み解かなければなりません
たとえば父親が非情に女出入りの激しい人物で、複数の女性とのセックスを公然と自慢するような人物であれば、息子が父親を超えようと強迫的にセックスに邁進するのかもしれません(これは仮説であり、平容疑者の父親がそのような人物だと決めつける意図はないと明言しておきます)
あるいはことさら女性を蔑視し、女性を征服したいと思うに至る経験があったとも考えられます
いずれにせよ、逮捕されました→反省しました、というだけでは再犯の危険性は排除できないのであり、本人自身が危機感をもって自分の性癖を向き合い、治療に取り組むのが最善でしょう
追記:平隆久の名を検索すると、ツイッターが見つかります。そこには「目指せ3000人切り 目指せ加藤鷹 やらせてくれる女の子大募集中www」と書かれていますが、書き込みはほとんどなく放置された状態です。本人がツイッターを開設して放置しているのか、なりすましによる悪質な悪戯なのかは不明です
追記:2013年2月25日、京都地裁は平被告に対し、懲役2年4月執行猶予4年の判決を言い渡しています(求刑は懲役3年)。執行猶予がついたということは、被害者女性との間で示談が成立したのかもしれません

(関連記事)
タイガー・ウッズ セックス依存症治療完了
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
男女53人参加の乱交パーティー摘発
イケメン男モデル 「痴漢に乱交」告白で炎上騒動
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
青山学院大生 スーパー店内でダンスし炎上騒動
「レイプは女が悪い」発言で立教大生炎上
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
添田大地(元立教大 学生レポーター)強盗容疑で逮捕
朝日新聞人生相談 「熟女やらせてと頼め」と上野千鶴子が回答
京都教育大集団強姦事件 弁護士の抗議でブログ削除されました
チェーンソーでヤマト運輸を脅し逮捕  ユーチューバー


性依存―その理解と回復
中央法規出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性依存―その理解と回復 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル