中国メディア「中国のアニメ・マンガ産業の市場規模は1億2千万円」

中国メディアの記事をチェックしていると、ときどきびっくりするような間違いを発見します。中国語の元記事を日本語に訳す際の間違いであろうと思われますので、鬼の首を獲ったがごとく指摘し、揶揄するのはどうかとも思うのですが、紹介します
新華通信社の配信記事で、「中国のアニメ・マンガ産業は2015年末には、2010年末の約2倍に当たる1千億元(約1億2500万円)規模に達する見込み」だと書かれたものです。面子を重んじる中国のメディアにしては稚拙な間違いです

急成長する中国アニメ産業、15年末には1千億元規模に

もちろん1億2500万円は貨幣換算の間違いであり、1人民元を12円50銭で計算すれば1000億元は1兆2500億円になります
記事は今年8月に配信されたものですが、いまだに訂正はされていません
記事の趣旨からすれば、「どーだ、中国のアニメ・マンガ産業の成長は。日本よ、驚け」というものなのでしょうが
これまでにも指摘したところですが、それだけ成長している中国のアニメ・マンガ産業なので、記事の中に登場する作品は「喜羊羊与灰太郎」だけという惨状です。他に自慢できるようなヒット作がないのでしょう
記事の後段は減税措置によってさらにアニメ・マンガ産業の成長を促進させる、という内容です。しかし、本当に成長させたいのであればヒット作を生み出すのが優先課題であり、市場拡大の決め手です。減税措置を講じたから良作が生まれるというものではありません
さて、中国メディアも積極的に紹介しようとしない中国のアニメ作品ですが、話題として幾つか動画を選びました
中国ならではというか、パンダを主役したアニメ作品です

金牌熊猫



魔豆傳奇


どちらもパンダというキャラ以外、特に見るべきものがない凡庸なアニメに映ります
こんな退屈な作品を量産して1兆円を超える市場を形成しているのですから、その事実の方が驚きです

(関連記事)
「日本のアニメはパターン化し停滞している」と書く中国メディア
日本版「三国志」のアニメ、ゲームを批判する中国
史上もっとも大コケした映画「ファイナルファンタジー」
ガンダムのパクリアニメ 韓国の「フェニックスキング」
「韓国で日本のアニソンが人気」と書く産経新聞
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国掲示板 「日本のアニメ復讐譚がないからつまらない」
中国アニメ 美少女も結局日本風に
中日アニメ比較で見る国産アニメの発展 北京週報
中国アニメ「少年岳飛伝奇」はディズニー風?
中国アニメ「星系保衛戦」はバンダイが提供
「ドラゴンボール」みたいな中国のオリジナルアニメ「魁拔」
日本のアニメ業界は消滅 中国・韓国が台頭へ
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
絵本のような韓国の昆虫アニメ「ブルと森の仲間たち」
中国の怖くないゾンビアニメ「屍兄」


マンガ産業論
筑摩書房
中野 晴行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マンガ産業論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル