日本文学翻訳事業 政府仕分けで廃止

民主党政権の各種政策の中でも「事業仕分け」は愚策の象徴でしょう。世間一般には蓮舫議員の仕分けに拍手喝采していた人もいるようですが
文化庁が推進してきた現代日本文学を翻訳し、海外に紹介する事業もこの仕分けの結果廃止となり、日本の文化コンテンツを広く世界にしらしめるのが困難な状況に直面します
民主党政権は福祉の名の許に節操のない国費のバラマキをする一方で、このような有意義な事業を廃止しようというのですから、その見識の欠如には呆れるばかりです
早稲田大学の加藤典洋教授が批判を展開しています


今年6月20日、文部科学省の来年度「事業仕分け」で文化庁による「現代日本文学の翻訳」助成事業が打ち切り決定となった。そのことを受けて、このほど文芸雑誌『新潮』に一つ文章を書かせてもらった。(同9月号、「海の向こうで『現代日本文学』が亡びる」)幸いなことに、各方面で反響があったが、そのような文章を書くにいたった背景、その後の反響を記してみる。
今回の仕分けで廃止が決定されたのは、文化庁が2002年からはじめた現代日本文学の英仏独露4カ国の言語への翻訳助成事業である。JLPP(Japanese Literature Publishing Project)という。翻訳、交流普及、翻訳者育成が事業の3つの柱で、これまで10年間に主に戦後の作品から、有識者による委員会が選定を行い、123作品を選び、英仏独露の4カ国語で229冊の翻訳を行ってきた。
私がこの廃止決定について指摘した問題点は、二つある。一つは、そこに出されたデータが大きな基本的な誤りを含んでいたこと、もう一つは、評価者6名のなかにそうした基本的な誤りを指摘できる専門家が誰一人、含まれていなかったことである。
主な誤りというのは、やはり二つ。まず、評価者の一人が、ある小さな米国の大学図書館のデータをもとに、民間ベースで刊行された日本文学の人気作家五名の翻訳図書がその大学図書館に19冊も所蔵されていることをあげ、国による翻訳書買い上げと図書館寄贈の交流普及事業はムダだと指摘したのだが、これは間違いで、この図書館の所蔵数はゼロであった。また、同じ評価者が、今度は、日本の現代文学が「海外で年平均470冊翻訳出版されている」というデータを持ち出し、国の翻訳助成自体が不要だとも、主張したのだが、これも事実といちじるしくかけ離れており、実数は年平均30冊にもみたなかった。間違いの理由がまた、お粗末極まりない。この評価者(市川眞一氏)は、人気作家の所蔵数では、その米国の大学図書館単独の検索システムと世界大横断の検索システムとを混同していたし、年平均翻訳点数では、国際交流基金が公開している「日本文学翻訳書誌検索」の件数を冊数と勘違いしていた。これだと、35篇収録の短篇集1冊が35冊、アンソロジー3冊で66冊と算定されてしまう。
アメリカのほぼ無名の大学の図書館が、日本の「人気作家」の翻訳を19冊も所蔵していたり、日本の文学が世界で年470冊刊行されていたり。そんなことがありえないことは少しでもこの問題にふれた人間にならすぐにわかる。でもそこにいる誰一人、これを疑問に思わなかった、これが第二の問題である。
(読売新聞の記事から引用)


事業規模からすれば1億5千万円~7千万円の予算で、これを「無駄だ」と決めつけて削除し、得意満面という民主党は何を考えているのでしょうか?
日本の文化コンテンツを海外に紹介・輸出することで日本への理解を深めてもらうという、誠に意義深い事業を廃止するのであれば、それに代わる文化戦略を民主党は示すべきでしょう
しかし、いつものごとく民主党には10年先、20年先を見据えた文化事業の展望など存在しません
たとえばポーランドのワルシャワ大学には1919年に日本語講座が開設され、いまでは東ヨーロッパにおける日本研究の拠点となっています
1960年には大学教授によって古事記や万葉集がポーランド語に翻訳され、その伝統はいまでも息づいており、村上春樹の小説も次々とポーランドで翻訳・出版されている状況です
現在では日本のポップカルチャー、ファッションを紹介する雑誌「Kawaii」がポーランドで発行されています
こうしたポーランドにおける日本文化の紹介は、日本の国際交流基金などがバックアップしています
鳩山由紀夫が政府専用機でポーランドを訪問するより意義深く、成果があるのは間違いありません
事業仕分けと称し、30分程度の質疑応答だけで事業を「無駄だ」と決めつけ、廃止する民主党の議員とその金魚の糞である民間委員に、日本文学翻訳事業の意義を理解するたけの知性も感性も存在しなかったのでしょう

(関連記事)
鳩山内閣 事業仕分けの暴挙
蓮舫がなでしこ祝福も「スポーツ予算削減の張本人」と批判される
災害対策予算を仕分・削減した蓮舫大臣に批判殺到
仕分け第二弾前に蓮舫議員の醜い言いわけ
「2位じゃだめなのか」発言を批判するノーベル賞受賞者
毎日社説「科学の仕分け」について
蓮舫参院議員 ノーベル賞学者五輪メダリストに大反論
日本のスーパーコンピューター「京」 計算速度世界1位に
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
学術会議任命問題 学問の自由がおかされる


世界が読み解く日本―海外における日本文学の先駆者たち
學燈社
伊井 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界が読み解く日本―海外における日本文学の先駆者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル