「おい、小池」逃走中の殺人犯 11年目で病死

平成13年に2人の男性を殺害した容疑で指名手配されていた小池俊一容疑者(52歳)が、岡山市内で病死していたと報じられています
小池容疑者は小笠原準一との偽名を名乗り、岡山市内で67歳の女性宅に同居していたそうです
同居していた女性はこの男が殺人事件で指名手配されている小池容疑者だとは気がつかなかった、と述べているようです。が、一部の報道では「2005年頃から偽名だと気がついていた」と警察に説明しているようです
犯人を匿えば、それだけで罪に問われるのですが、本当に気が付かなかったのでしょうか?
当然、この小笠原俊一と名乗る男性の過去を詮索し、問い質そうとしたはずだと思うのですが
岡山市内で飲食店を経営していたこの女性の店に小池容疑者が客として来店し、その後女性のマンションに同居するようになった、とありがちなストーリーも報じられています。小池容疑者は就労しておらず、生活はすべてこの女性に面倒を見てもらうというヒモ生活だったのでしょう
そうまでして小池容疑者に入れ込んだ理由は分かりません
小池容疑者が偽名を名乗って生活していたの以上、当然自首するなどなく、己の罪を悔い改める気がなかったと考えられます
法律の改正によって重大な殺人事件は時効の制度がなく、いつまでも警察に追われる身になりました。それでも逃げれるだけ逃げてやろうと決意していたのかもしれません(2人を殺害しているのですから、逮捕されれば死刑になる可能性大です)
事件そのものは被疑者死亡で決着してしまうのですが、10年以上も公開で指名手配しながら捕まえられなかったという後味の悪い結末です

(関連記事)
テレビの公開捜査でオレオレ詐欺逮捕
指名手配の現在
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う その2
留置場から逃走 富田林警察署の不始末
英国女性殺害 市橋被告逃亡生活手記出版へ
警察官が留置場内でセックスし有罪判決
連合赤軍永田洋子死刑囚と「更級日記の少女」
富田林署逃走から3週間 いまだ確保できず
富田林逃走男 ひったくりを続ける
留置場から逃走 富田林警察署の不始末
カルロス・ゴーン被告の逃亡 司法の責任は?