K-POPの次に来るのはK-ROCK

韓国では今、K-POPに次ぐ音楽シーンとしてロックバンドがブームなのだそうです
テレビのオーディション番組が火付け役となり、K-POPの次にはK-ROCKが来るとその熱気を伝える報道を紹介します

今、韓国ではバンドシーンが非常に熱く、20年前のバンドブーム目前の日本を思わせる状況にあるという。逆に日本からみれば、この純粋に切磋琢磨し合う韓国バンドの姿に懐かしさを覚えながらも、改めて学ぶ点も多いと聞く。おそらく近い将来、K-ROCKブームの到来と共に、韓国国内のみならず、日本で、アジアで、さらには世界で活躍するK-ROCKスターが誕生することになるのだろう。
韓国で盛り上がるバンドブーム、K-ROCK躍進の今後を占う

上記の記事で実力派のバンド4組が紹介されています。YouTubeで検索すると動画がアップされているので、関心のある方は視聴願います

TOXIC


ギター&ボーカルと、ドラム&キーボードという珍しい2人組みのユニットです。かなりビジュアルを意識したビデオクリップですが、従来のK-POPと同じ路線のかすれた声でささやくように歌うスタイルであり、K-POPファンには親しみやすいのでしょう

Romantic Punch


帽子を被ったボーカルのトッポイ兄ちゃんが目立ちますが、演奏も歌も楽曲も凡庸で、学生のアマチュア・バンドっぽい感じがします

Broken Valentine - Down



曲もビジュアルもコンセプトが明確で、商業的には成功するかもしれません
各バンドの演奏や楽曲のレベルが高いか低いかは視聴者の判断に委ねます
前にも触れましたが、韓国の音楽市場の規模はかなり小さいので、商業的に成功を目指すのであれば海外進出が不可欠です
となればまた大挙して日本にやってくる可能性があります
しかしK-POPブームの虚構が暴かれてしまった今となっては、売り込みが成功するとは思えません
どのような手法で宣伝し、売り込もうとするのか、生暖かく見守りましょう

(関連記事)
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
紅白にK-POPなしは「おかしい」とする主張
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
韓国メディアの恨み節「紅白から閉めだされたK-POP」
K-POP紅白から排除 韓国の反応
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
「韓国で日本のアニソンが人気」と書く産経新聞
YouTube規制で「江南スタイル」が人気動画の座から陥落
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
日本アーティストの海外公演 大入りか大コケか?
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
「K-POPブームはメディア主導ではない」と言うメディアのウソ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
チャン・グンソクのチケット ヤフオクで1円も買い手なく
韓流ゴリ押しで批判を浴びるフジテレビ
「韓国ドラマやゲームが世界を魅了」と夢想する韓国メディア
初音ミクのアメリカ公演決定に狂喜する海外の反応
韓国のボーカロイドはその後、どうなったのか?
初音ミクをパクる中国 イメージぶち壊し
【中国BBS】中国版パクリ初音ミクが海外で評判悪いらしいぞ


ロックミュージックの社会学 (青弓社ライブラリー)
青弓社
南田 勝也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロックミュージックの社会学 (青弓社ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル