ガンダムのパクリアニメ 韓国の「フェニックスキング」

韓国がこれまでにさまざまな日本のアニメーションをパクリ、その劣化コピーと言うほかない作品を恥じることもなく「オリジナル」と称し発表してきたのはご承知のとおりです
しかし、一部のジャーナリストやメディアはそうした事実を無視し、「韓国のアニメーションはすごい。日本に追いつき、追い越すだろう」と、まるで規定事項であるかのように報道してきました
当ブログではこれまでにいくつもの韓国によるパクリ作品を紹介し、その稚拙な作風、ちぐはぐな世界観、劣悪な動画を批判してきました。「こんな水準で日本に追いつくなど不可能」と言いたいがためです
さて前置きが長くなりましたが、今回は韓国の劇場版アニメ「フェニックスキング」を紹介します
ぱっと見で分かるように、ガンダムの露骨なパクリです

韓国アニメ ・フェニックスキング 



いきなり真っ赤なホワイトベースが登場し、のけぞってしまった方もいると思います。よくもまあ、これだけ堂々とパクるものだと呆れます
ニコニコ動画で公開されている同じ作品の動画では、「2004年の作品」とコメントされていますが間違いで、正しくは1984年に公開された作品です
初代の機動戦士ガンダムが1979年公開ですから、約5年ほど後に作られたアニメです。しかし、作品には何のコンセプトも感じられません
初代のガンダムが単なる巨大ロボットものではなく、闘いの先にあるものを模索し、ニュータイプへの進化という答を示唆します。これは当時として画期的な展開でした
しかも同時に富野由悠季は、「ニュータイプがそんな便利なものではない」と登場人物に発言させ、ニュータイプが万能ではないと釘を刺しています
ところが1984年に作られた「フェニックスキング」にそのような思想は見当たらず、単に巨大ロボットが活躍するだけのアニメです
結局のところ、韓国のアニメ制作者はガンダムやエヴァンゲリオンといった作品に接しながらも、そこに描かれている世界観、思想はまったく理解できず、真似ることさえもできなかったのです
日本には富野由悠季だけでなく、庵野秀明、宮崎駿、押井守といった個性的で独自の世界観を描く監督が大勢いて、若い世代も着々と育っています。が、韓国のアニメ界に匹敵するような人材はいません
にも関わらず、「韓国アニメはすごい。日本に追いつき、追い越すだろう」と書くジャーナリストがいるのですから、失笑してしまいます

家電の次はアニメか?  日本に猛追する韓国

いまだにガンダムやエヴァンゲリオンを超える作品を作れない韓国が、日本に追いつくなど不可能です

(関連記事)
パクリまくりの韓国アニメ 「スペース・サンダー・キッズ」
韓国政党PR動画 新海誠作品をパクる
韓国政府 アニメ育成に400億円投資
中国最新のロボットアニメ「KAINAR」はガンダムの・・・
韓国アニメ「ロボカー・ポーリー」日本の地上波進出
大友克洋監督「火要鎮」が米アカデミー賞候補ノミネート
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
史上もっとも大コケした映画「ファイナルファンタジー」
「韓国アニメーターなしに日本アニメは成立しない」と報じるメディア
「韓国で日本のアニソンが人気」と書く産経新聞
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国掲示板 「日本のアニメ復讐譚がないからつまらない」
日本風アニメが日本アニメを駆逐する?
日本超えた韓国アニメ「ゴースト・メッセンジャー」はどうなったのか?
Cool Japanに勝利したCool Koreaと報じるメディア
次世代「アニメ」大国インドが台頭する、との記事 日経BP
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
韓国アニメの日本進出 「虹の戦記イリス」
韓国アニメーション パクリの歴史を見る
劣化版「けいおん」 韓国のパクリアニメ「Super Hams Band」


ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集 I (単行本コミックス)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-07-23
富野 由悠季

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガンダム世代への提言  富野由悠季対談集 I (単行本コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル