韓流歌手PSYの反米ソングがアメリカでバレる

「江南スタイル」ビルボードのヒットチャート2位になった韓国の歌手PSYについて、アメリカのCNNは彼が2004年に「米軍とその家族を殺せ」という内容の米ソングをリリースしていたと報じ波紋を投げかけています

「忌々しいアメリカ人全員を殺してください」PSYの過激反米ソングを巡り論議

上記のJ-CASTの記事にもあるような、「イラクの捕虜を拷問していた、くそいまいましいヤンキーを殺してください。拷問せよと命令した、くそいまいましいヤンキーを殺してください。奴らの母、父、妻、息子を殺してください。痛く、そしてゆっくり、彼ら全員を殺してください」との歌詞はどう釈明したところで一般のアメリカ人には受け入れられない内容でしょう
PSYがこの「Dear America」なる曲をリリースした背景は上記の記事で説明されているように、韓国に駐留する米軍の車両が女子中学生2人をはねて死亡させる事故が2002年に発生し、韓国社会で反米感情が爆発したためです
大規模な反米デモが韓国各地で繰り返され、結果として在韓米軍の大幅な縮小につながりました(これは米軍が自らを犠牲にしてまで韓国を防衛するメリットがない、と判断した結果です)
当然、アメリカのメディアはこの新参者である韓国のエンターテナーに、反米ソング「Dear America」をリリースした理由や、歌詞の内容について質問攻めにするでしょう。手加減せず、容赦なく
さて、PSYはどう釈明するのでしょうか?
YouTubeで「Dear America」を探して見つかったのが、以下の動画です(音声のみ、途中で切れています)


(関連記事)
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
韓流スター「芸能人オーラ炸裂で日本のスーパーを焦土化」
「江南スタイル」PSYの反米ソングに批判 苦しい釈明
江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
YouTube規制で「江南スタイル」が人気動画の座から陥落
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
K-POPの次に来るのはK-ROCK
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
日本アーティストの海外公演 大入りか大コケか?
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
「K-POPブームはメディア主導ではない」と言うメディアのウソ
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
ノーベル賞詩人タゴールの作品を勝手に改作した韓国
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ


反米の世界史 (講談社現代新書)
講談社
内藤 陽介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 反米の世界史 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル