中国アニメ「Back to the Sea」がアメリカ市場へ進出決定

中国の江蘇省広播電視総台(テレビ局)が制作した3Dアニメ映画「Back to the Sea」(中国語名「重返大海」)が11月中旬から北米での公開が始まっているのだそうです
ロサンゼルス、シカゴ、ボストン、ニューヨークなどアメリカの主要15都市で上映され、カナダでも上映されると報道されています
さらに今後はイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリアでも上映すべく契約が交わされたとあり、輸出の成功例だと言わんばかりの扱いです
では、中身はどうなのでしょうか?

Back to the Sea 予告編



短い予告編ですが、「ファインディング・ニモ」など、先行する作品をパクっただけの、何の工夫も感じられない既視感ただよう内容です
料理店の生け簀の魚と少年の交流とか、新鮮味に欠けるストーリーであり、よくも
こんなアニメーションを作ったものだと呆れてしまいます
やたら角ばったキャラクターの魚たちは技術的な問題ではなく、意図した上でのデザインなのでしょうが、魅力的で愛嬌があるようには映りません
欧米の映画バイヤーたちは、「子供向けの娯楽作品だから、この程度でも十分」だと思っているのかもしれません
親に連れられて週末の映画館に出かけたこどもたちが、こんな出来の悪い中国製のパチもんアニメを見る羽目になるのは気の毒な限りです
ちなみにファインディング・ニモの予告は以下のようになっています

Finding Nemo


魚たちとカモメの出会うシーンなど、パチモンとしか思えません
中国の制作者はこんなものを作って、「我々はピクサーに負けていない」とでも言いたいのでしょうか?

(関連記事)
「日本は国産アニメ保護のため外国作品を排除」と書く中国メディア
「日本アニメは文化侵略だ」と書く産経新聞
二頭身キャラが暴れまくる中国アニメ「果宝特攻」
格闘シーンがダサい中国の人気アニメ「如意兔之紅晶石」
日本よ驚嘆せよ 中国劇場版アニメ「魁拔」の続編公開へ
中国初の本格萌えアニメ「甜心格格」
中国で視聴率1位の人気アニメ「熊出没」
インドアニメ「アルジュンの大冒険」日本で放映
劇場版アニメ「モンスター・ホテル」がコケる
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
「エヴァンゲリオン」庵野監督を語る週刊プレイボーイのスカスカ記事
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」


ファインディング・ニモ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2012-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファインディング・ニモ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル