ノーベル賞詩人タゴールの作品を勝手に改作した韓国

インドの詩人タゴールはノーベル文学賞受賞者として知られています
そのタゴールの詩「東方の灯燭」は韓国の教科書に載っており、誰もが学校で習い覚えるほど有名な作品なのだそうです
「早くからアジアの黄金時代に/光る灯燭の一つである朝鮮」で始まり、「わが心の祖国コリアよ目覚めて下さい」で終わる詩は日本の支配下にあった朝鮮の独立を鼓舞する作品だと教えていたのです
しかし、この「東方の灯燭」は韓国人翻訳者によって作られた偽物だ、と中央日報が報じています


【噴水台】タゴールの詩、韓国人好みに仕立て上げたとは苦々しい
「岸で夜は明け/血の色の雲の早朝に/東側の小さな鳥/声高く名誉の凱旋を歌う」
1913年にアジアで初のノーベル文学賞を受賞したインドの詩人タゴールがベンガル語で書いた詩だ。何を歌ったのか。日本が日露戦争で勝利したことを祝う詩だ。
インドが長い間の英国の植民地統治から抜け出せないことを残念に思っていたタゴールは、当時世界的な強国に浮び上がった同じアジアの日本に好感を持った。1916年をはじめ5回も日本を訪問した。茶道、生け花、俳句など日本の伝統文化に魅了され、「詩心を起こさせる国」と高く評価した。
日本滞在中の講演を通じ、「日本はアジアに希望をもたらした。私たちはこの日出ずる国に感謝する」と話したりもした。大アジア主義を叫んだ日本右翼の大物頭山満とも懇意にしていた。
これほどになるとタゴールの詩「東方の灯燭」を記憶する多くの韓国人はいぶかしいだろう。教科書にも載せられた「東方の灯燭」は、「早くからアジアの黄金時代に/光る灯燭の一つである朝鮮」で始まり、「わが心の祖国コリアよ目覚めて下さい」で終わる。日帝統治下の朝鮮のために書いた詩だとされ韓国人なら誰が見ても植民地支配から抜け出せと励ます内容として読まれる。そんなタゴールが日本の味方だったと?
英文学者の洪銀沢(ホン・ウンテク)大真大学教授が季刊詩専門紙「詩評」冬号に寄稿した「タゴールに対する不便な真実」を見ると疑問の相当部分が解ける。洪教授は考証を通じ、「東方の灯燭」の15行のうち最初の4行は詩というよりメモ形態で1929年に朝鮮に伝えられたものであり、残りの11行は誰かがタゴールの作品「ギーターンジャリ」35節を付け加えて仕立てたものと分析した。
しかも「わが心の祖国コリアよ目覚めて下さい」という最後の一節は誰かが「ギーターンジャリ」の原文にもない「コリア」を入れ脚色したものと指摘した。ノーベル賞受賞者の権威に寄りかかったとんでもない“片思い”が日帝時代、そして解放後も長く続いたことになる。
(以下略)


いつものようにつまらないオチがついています
タゴールの詩を勝手に改作し、朝鮮の独立を願った作品であるかのように仕立て、長年教科書に掲載していたわけです
それほど韓国で有名な詩であるならば、誰かが原文(ベンガル語が無理なら英文訳でも)を研究してもよさそうなものですが、韓国の文学者は何をしていたのかと言いたくなります
日本の歴史教科書を捏造だと批判する韓国人たちはよくよくこの事実を胸に刻み、自分たちの主張する歴史がいかにでたらめなものであるか、検証すべきでしょう

(関連記事)
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
韓国メディアの恨み節「紅白から閉めだされたK-POP」
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
「故郷を奪われた者の思い」と発言する在日3世ピアニスト
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「反日なら何でもあり」の韓国
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
2016年の日本人ノーベル賞候補は3人


タゴール詩集 ギタンジャリ―歌のささげもの
風媒社
ロビンドロナト・タゴール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タゴール詩集 ギタンジャリ―歌のささげもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル