「江南スタイル」PSYの反米ソングに批判 苦しい釈明

「江南スタイル」で有名になった韓国の歌手PSYが、2004年に反米ソングである「Dear America」を歌っていた事実がアメリカのCNNで報道され、批判が殺到しているのだそうです
「米軍兵士の娘と母、妻を殺せ」との過激な歌詞も翻訳・紹介されているのですから言い逃れは無理でしょう
ところが韓国メディアの手にかかると、PSYへの批判はアメリカ側の誤解によるものであり、PSYは被害者であるとの話になってしまいます
韓国メディアの報道を引用しましょう


歌手PSY(サイ)が8日、いわゆる「反米歌」で知られている「Dear America」について、一部の過激な表現に対する謝罪の意を表明した中、アメリカ現地ではこれをめぐり様々な反応を示している。
PSYの謝罪はこの日、NBCやABCなどのサイトで一斉に報道され、このうちCNNの市民記者で運営される「CNN iReport」では、この事案に対して1000件あまりの書き込みが殺到し、熾烈な論争が繰り広げられている。
「CNN iReport」はPSYの公式立場を伝え、同曲の背景となる故シン・ヒョスン、シム・ミソンの轢死事件と、一時韓国で発生した反米の動きに触れた。
またPSYが近く、バラク・オバマ米大統領が出席するコンサートで公演することに関し、ホワイトハウスのサイトには、PSYを公演のリストから削除することを要求する書き込みが掲載されたが、直ぐに削除されたと伝えた。
続いて米国内の相反する反応を紹介した。「米軍を殺すべきだと言ったからには、米国を去るべきだ」や「女性に対する部分は酷かった」などの否定的な意見もあれば、「米国人としてPSYがさらに好きになった。米国の悪魔のような行動に対し、言うべきことを言った」「米国ではなく、米軍を批判したものだ。誰かを非難する前に、背景にある状況を理解しろ」などの意見もあった。
(中略)
PSY側は「この日の公式立場は公演自体に対する謝罪ではなく、過激な言葉を用いて誰かを傷つけたかもしれないため、それに対して謝ったもの」と線を引き、「PSYの立場は反米ではなく、反戦デモの(犠牲者への)哀悼表現だったが、米国でこれがまるで反米かのように拡大解釈したことに対しての釈明だった」と説明した。


「反米かのように拡大解釈した」アメリカのメディアが悪いと明言しています
ここまで開き直って、いささかも自己を省みようとしないのが韓国人らしさ、なのでしょう
PSYの「Dear America」はどう解釈しても反米ソングであり、反戦デモへの哀悼表現などではありません
それでも論理不明な釈明を並べ、謝罪しているのか謝罪していないのかも曖昧な立場を維持しようとするのはアメリカで今後も歌手活動をしたいからなのでしょう
加えて、全面的に謝罪するようならばPSYに対し韓国から批判が殺到するのを予期した上で、「米国の誤解が原因ニダ」と開き直っていると思われます
結果がどうなるかは分かりませんが、アメリカ国内でPSYへの批判が続くのは確実であり、言を左右すればするほど評判が落ちるのは当然と言えます
ちなみにPSYの「江南スタイル」はカーショップであるイエローハットのCMを丸パクリしたものであり、楽曲もダンスもそっくりです

イエローハット ダンス



(関連記事)
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓流歌手PSYの反米ソングがアメリカでバレる
YouTube規制で「江南スタイル」が人気動画の座から陥落
K-POPの次に来るのはK-ROCK
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
韓国メディアの恨み節「紅白から閉めだされたK-POP」
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
「故郷を奪われた者の思い」と発言する在日3世ピアニスト
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
大阪に韓流テーマパーク建設
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ