AKB48河西智美の過激なグラビア写真

AKB48のメンバー河西智美のグラビア写真掲載を巡って、発売予定だった漫画週刊誌「ヤングマガジン」(講談社)が、「社会通念上、読者に不愉快な感情を抱かせる」と、「ヤングマガジン」の内容を差し替えての発売延期を決めた問題を取り上げます
問題の写真は以下のメンズサイゾーの記事に貼られているので、関心のある方は御覧ください。関心のない方はスルーしてください

ほぼエロ本!? 河西智美ソロ写真集でEカップモロ見えの超露出

上記の記事は「ヤングマガジン」掲載後に発売が予定されていた写真集の話であり、AKB48卒業後の河西智美の身の振り方に言及したものです
卒業記念と称して過激な写真集を売り込み、儲けようというのがAKB48の運営側の企みなのでしょう
卒業したメンバーがどうなろうと関知はせず、ただ卒業という名で商売をしたいだけではないかと勘ぐりたくなります
「これまで世話してやったんだから、最後にまとまった金を置いていけ」というアコギな商売です
当の河西智美に選択権などなく、「写真集を出すぞ。脱げ」と命じられ、撮影現場でも言われるがまま従うしかなかったのだろうと推測されます
秋元康は、「これで話題になった。50万部は売れるかな」と電卓を片手に嬉々としているのではないでしょうか?
何とも不愉快な話です
話を戻して、河西智美のこの写真が児童ポルノに該当しており、違法であるとの理由については、別の日刊サイゾーの記事が詳しく説明を加えています

AKB48・河西智美の“児童に性器を触らせた”写真集に、当局「出版されるなら逮捕者が─」

警察には警察の言い分があるのでしょう。もし河西智美のこの写真を「児童ポルノではない」とお墨付きを与えてしまったなら、次はもっと過激なグラビアに少年少女が駆り出されるのは目に見えます
自分としては河西智美の写真集が発売された上で、秋元康が児童ポルノ製造の罪で逮捕される展開を望むところです
もちろん、AKB48の運営側は秋元康が写真集の企画には関わっていなかったとし、手下の誰かを身代わりに出頭させるのでしょうが

(関連記事)
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
HKT48指原莉乃主演映画「薔薇色のブー子」大コケ
「欅坂46の衣装がナチス」と噛み付くリテラ
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
AKB高橋みなみの母淫行で逮捕も各メディアは報道せず
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
前田敦子泥酔事件に女性は共感
前田敦子 泥酔し尻丸出し
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ
前田敦子 大コケ映画「もしドラ」で日本アカデミー賞話題賞?
秋元康の「色欲」に狂わされたひとりの女優
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
AKB襲撃事件 握手会商法破綻


河西 智美 [2012 ポスタータイプカレンダー]
エンスカイ (株式会社 ハゴロモ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 河西 智美 [2012 ポスタータイプカレンダー] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル