「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア

中国メディアが「日本のソフトパワー(文化の影響力)は衰えている」と、まるで寝言のような記事を書いています
記事を書いたのは華僑系の新聞ですが、その駄文を嬉々として転載しているのが中国の官製メディアであ人民網(チャイナネット)です


日本の華字紙「新華僑報」のウェブサイトで14日に発表された記事によると、海外では日本文化の影響力が衰えているという。
彼らのソフトパワーに陰りが出ているというのだ。ソフトパワーを高めることは経済発展につながると言われるが、日本の場合は、経済の疲弊がソフトパワーの地位を下げている。以下は要約。
日本のマンガが世界を席巻しているというのは言い過ぎではない。日本のソフトパワーはかなり強力だと言わざるを得ない。
しかし、ある面から見ると、日本のソフトパワーが落ちていることがうかがわれる。
メルボルン日本語教学センターの主任が少し前に行った研究によると、オーストラリアで日本語を学ぶ学生の数は2000年から16%減少した。
日本語学習者の減少数から見れば、海外における日本文化の影響力は徐々に落ちており、ソフトパワーに陰りが生じていると言える。
この20年、日本経済は下り坂を転げ落ちるばかりだった。加えて「少子高齢化」の問題も深刻だ。日本語を問わず外国語を学ぶことは、実際に学ぶ人から見れば、将来の武器につながるものだ。そのような状況では、文化的魅力だけではカバーできないのである。
真に日本文化を愛する人に冷や水を浴びせることもある。日本語を学ぶ人たちには、自分の将来のためだけでなく、漫画ファンであったり、コスプレマニアだったりする人が少なくない。そのため、日本経済の先行きが暗くとも、彼らにとって大きな心配事ではない。
ところが、これらの人たちが憧れの日本にやって来てしばしば感じるのは、日本は決して漫画のような国でも、童話のような国でもないことである。しかも、彼らのうち、一歩進んで日本文化の本質を理解しようとする人は、20人中1人といったところだろう。失望感の広がりが、日本に憧れを持つ人たちに影響を与えている。
それ以外にも、海外で歓迎されているという日本の流行文化のレベルと名声は、決して言われているほどのものではない。
1970年より、日本の美意識、文化、国家の特徴を表すキーワードは「カワイイ」だった。「カワイイ」を中核とする流行文化に対し、吐き気をもよおす人も少なくない。
いったい、「カワイイ」が日本にどれだけの文化的パワーをもたらしたというのだろうか。それによって、日本が信頼され、尊敬される民族だと思われるようになっただろうか。
さらに率直な意見を持つ人も少なくない。カワイイ物がもたらす喜びはいずれも、幼稚で浅薄、あるいは愚昧だと、鼻で笑う人もいるのだ。以下のような言い方をすることもできる。
日本では軍事という「ハードパワー」が憲法で制限を受けていることから、「皮相的」な「カワイイ」で世界に影響を与えることにしたのだ。
「歴史」という難関を真剣に再考するよりは、日本のもっと積極的なイメージを世界に植え付けようとしたのだ。
文化的な魅力は、国家のみならず、国民や社会から構成される。日本の文化的な魅力が減少している背後には、日本のソフトパワーの国際的な影響力の陰りがある。
とはいえ、我々が注意すべきなのは、日本国民の民度や、国家的な科学技術力で作られた文化的な力である。それらは依然として、世界でもトップクラスだ。我々が文化的影響力を高めたいと思うならば、日本に学ばなければならない。


長々と引用しましたが、長いだけで中身がない記事です
日本のソフトパワーが衰えているというのは中国人のはかない願望であり、日本を貶めて何やら勝った気になっているという、実にみっともない記事です
メルボルンで日本語を学ぶ人が減っているという局地的な事象を取り上げ、それがすべてであるかのような扱いです
日本のソフトパワーが衰えていると立証したいのであれば、もっと具体的な根拠と事例を挙げるべきでしょう
文中の、「日本では軍事という『ハードパワー』が憲法で制限を受けていることから、『皮相的』な『カワイイ』で世界に影響を与えることにしたのだ」と決めつけているのも、記者の偏見でしょう。日本の外務省が「カワイイ大使」を各国へ派遣するようになったのはつい最近の話ですが、それよりもずっと前から日本のサブカルチャーは世界に影響を与えてきたのであり、政府主導ではありません
日本のサブカルチャーが「萌え」を世界に広めた事実を、中国人は頑として認めたくないようです
そしてイギリスBBCが調査した「世界にもっとも好ましい影響を与えている国」で堂々の1位となった日本を、「ソフトパワーが衰えている」と決めつけるのですから、よほど日本が目障りで仕方がないのでしょう
独りよがりの決めつけだけで、こんな浅薄な主張を「我が意を得たり」とばかりに転載する中国人民網がいかに頭の悪いメディアであるか、見せつけられた気がするばかりです
小論文の試験で、「日本のソフトパワーについて論ぜよ」との課題に応じ、上記の記事の内容を書いたなら、とても合格点には達しないでしょう
特に中段の論旨の展開と、末文の3行は大いに矛盾しており、日本のソフトパワーが衰えているとさんざん強調しているくせに、それでも「日本に学ぶべきだ」と指摘して結びとする時点で、「こいつ、何書いているんだ」と言われるのは確実です
新聞に掲載する記事としても、編集長から書き直しを命じられるレベルでしょう

(関連記事)
日本アニメのソフトパワーを考える
「天皇交代で日本は中国に助けを求める」と書く中国メディア
日本のソフトパワー 世界ランクで8位
中国メディア「大量の漢文書籍を保存してきた日本」を評価
中国海軍の実力を誇示する「おバカ記事」
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「尖閣に隕石が落ちれば」発言の中国人 開き直る
「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ不適切発言
日本のイメージは世界最高 中国人「なぜだ?」
中国がアメリカでイメージアップCMを流すも酷評される
「日本人は歴史と向き合え」と言う中国の高校生
中国の珍アンケート調査 日本人女性のイメージ
世論調査「中国を信頼できず84%」
中国文化と日本文化、どっちが影響力は上か
中国 偽物等身大ガンダム騒動
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
中国メディア「中国のアニメ・マンガ産業の市場規模は1億2千万円」
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国各都市が「ゴミ屋敷化」している問題
中国「抗日戦勝軍事パレード」 参加は5カ国のみで大恥
台湾の馬総統「ザ・レイプ・オブ・南京」のアイリス・チャンを絶賛
中国メディア「日本はなぜ中国に屈服しないのか?」
日本の辞書文化を羨む韓国


世界カワイイ革命 (PHP新書)
PHP研究所
櫻井 孝昌

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界カワイイ革命 (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル