75歳で芥川賞 黒田夏子の受賞作は前衛的な実験小説

毎回の芥川賞、直木賞について当ブログで触れているのですが、今回はあまりに地味な候補者のため興味がわかず、取り上げていませんでした
芥川賞は75歳という高齢の黒田夏子が「abさんご」で受賞しています
芥川賞は新人作家の登竜門ですから、75歳の作家を新人とみなすのかどうかは判断の別れるところです
しかし、その受賞作がおそろしく前衛的な手法で書かれれたものだと報道されており、枯れた老人の退屈な短編小説だろうと決めつけていた自分の浅はかさをを思い知らされました

黒田夏子さんの芥川賞受賞作「abさんご」が異例のヒット……発行14万部に

「全文横書きで平仮名のやまと言葉を多用し、かぎカッコやカタカナ、固有名詞などを一切使わないという日本語の限界に挑んだ実験的な文体」と伝えられていますので、読んでみるしかありません
まだまだ文学の可能性、表現の可能性は尽きないのだな、と感じます
70歳をすぎてもなお、こうした実験的な手法を追究する姿勢にも驚かされます
他方で、評論家の東浩紀が芥川賞を腐った文学賞とこき下ろし、話題になっています
芥川賞の選考に問題があるのは今に始まったものではなく、長い芥川賞の歴史が偏った選考の積み重ねと言えるほどです。それをいまさら「腐った文学賞」だと言ったところで、何の新鮮味もないのですが

東浩紀「芥川賞は閉鎖的で腐った文学賞」 ブランド化の風潮を批判

かつては芥川賞、直木賞の受賞作が大いに話題になり、社会現象を引き起こした事例もあります
文学賞としては腐っていてもたまには収穫があるわけで、まんざら捨てたものではないと思うのですが、どうでしょうか?

(関連記事)
三島賞受賞蓮實重彦 「はた迷惑」と批判
芥川賞決定 又吉直樹と担当編集者
第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が
第147回直木賞は辻村深月「鍵のない夢を見る」
芥川賞作家田中慎弥 バカ売れ
第146回芥川賞決定 受賞者会見へのおかしな批判
第146回芥川賞・直木賞候補作発表
芥川賞作家西村賢太のインタビュー 放言も味
芥川賞受賞作 朝吹真理子「きことわ」を読んで
第145回芥川賞該当なし、直木賞は池井戸潤「下町ロケット」
第144回芥川賞決定 朝吹真理子と西村賢太
第144回芥川賞・直木賞の候補作発表
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?


abさんご
文藝春秋
黒田 夏子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by abさんご の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル