中国が最新兵器を萌えキャラ化

チャイナネットが、「中国のアニメ作家はこのほど、中国初の本格的な攻撃ヘリコプターWZ-10(武直10型)、航空機「Mi-171」、中国軍が最近開発した「DF21D」対艦弾道ミサイル、中国初の空母「遼寧」など、解放軍の多種類の主戦兵器のイメージを描いた」としてイラストを公開しています

ユニークに描かれた威勢! アニメ版の中国の主戦兵器

何やら自慢したいらしいのですが、どれも既視感漂う内容であり、目新しさはどこにもありません
日本製のアニメキャラを模倣した絵もあるのですが、彼らにすれば独創的なオリジナルなのでしょう
わざわざ日の丸の鉢巻をした日本兵?らしきものを蹴散らすシーンまで盛り込んでおり、「どうだ」と言わんばかりです(苦笑)
萌えキャラ化、美少女化という日本で見慣れた手法をいまさら使ったところで、何のインパクトも感じないわけで
せめてこんなイメージキャラでアニメーションでも作ったなら、「おお、中国もやるようになったねえ」と言えるのですが、実現は難しいのでしょう
日本ではやけにリアルな戦車バトルを美少女キャラに演じさせるという、「ガールズ&パンツァー」が制作されています。ここまでやるか、と言いたくなる作品です。しかし、軍事大国を自負する中国でも、リアリティのある対戦車バトルを描くのは至難の業だと思います


BEST TANK FIRE SCENE 3 Ver.2018 (Girls und Panzer Movie Final battle)


以前に紹介した中国アニメ「Steel Wings」という、リアルロボットもののアニメがあります。2012年5月に本編を公開、と謳われていたのですが、中国で大成功したとか人気になっているとの話も聞こえてきません

Steel Wings予告


ガンダムなどを見慣れている日本のアニメーションファンからすれば、「まあ中国頑張っているんだね(棒読み)」といった反応でしょうか?
従来のロボット物とは違うストーリー、世界観など織り込まないと評価されないのであり、難しいところです
コンピューターを使った作画の技術には長けていても、中国にそのような独創的で深みのある物語が作れないのでしょう
兵器の擬人化萌えキャラを自慢して何を主張したつもりになっているのか、チャイナネット(人民網)の意図を訊きたいものです

(関連記事)
韓国でKARAを主人公にしたアニメ制作 日本放送は未定
「中国のギャグアニメが人気」も、中身は日本式ギャグ連発 
ディズニーの短編アニメ「Paperman」を絶賛する声
北朝鮮の挑発動画 米国ゲームのパクリがばれる
北朝鮮YouTubeに挑発映像「ニューヨークが火の海に」
中国のボーカロイドアニメ化 その後進展なし?
最新の中国ロボットアニメ「Combat Armor Steel Wings」
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
「攻殻機動隊」新シリーズ起動
「欧米のテレビアニメが日本みたいになるには?」との議論
「大衆文化の日韓戦争」と煽る韓国メディア
韓国メディア「レ・ミゼラブルは親日ニダ」と騒ぐ
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言
「日本アニメは文化侵略だ」と書く産経新聞
二頭身キャラが暴れまくる中国アニメ「果宝特攻」
格闘シーンがダサい中国の人気アニメ「如意兔之紅晶石」
日本よ驚嘆せよ 中国劇場版アニメ「魁拔」の続編公開へ


ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 4 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2013-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 4 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル