「中国のギャグアニメが人気」も、中身は日本式ギャグ連発 

久しぶりに「中国アニメ新聞」の話題から引用します
2010年の発表から中国で人気となっているギャグ漫画「十万个冷笑話」(英語名「One hundred thousand bad jokes」)がアニメ化され、ウェッブ配信されていることもあって閲覧数がうなぎのぼりだと伝えられています
中国のアニメーション関係者はこの現象を、「中国国産アニメ逆襲の大成功である」と評価しているのだとか
しかし、そのギャグセンスもフリ、オチの付け方も日本のギャグ漫画からコピーしたと言うほかない出来になっています
あれこれ言うより、まずは動画を御覧ください


十萬個冷笑話



話の骨子となるストーリーに絡め、ギャグを連発させる展開です
日本人である我々からすれば、既視感漂うギャグが並んでいます
作り手の側もそれを隠すつもりはないようですし、面白ければそれでよいとの発想なのでしょう
中国では「アニメーションはこどもに規範を教えるためのもの」とする考えが根強くあるため、このギャグアニメはウェッブ配信で流布されており、地上波でのテレビ放送は不可能のようです
この程度の内容なら地上波で放送しても日本で問題にはなりませんが、中国では不道徳で公序良俗を乱すものとして糾弾されてしまうのでしょう
ウェッブ配信は無料だと思われますので、広告収入だけが頼りの商売です。これで制作側は収益を確保できているのか疑問です。制作費はあまりかかっていないのでしょうが
ただ、日本のマンガやアニメに見られるギャグを踏襲している限り、新しいものを生み出したとは認められず、パロディの域にすぎないと言えます
中国のアニメが本当に新境地を開き、「中国アニメの逆襲」を実現したいのならばもっと創造性が必要です
パロディで小ネタを弄んでいる限り、飛躍は望めません

(関連記事)
実写版「ドラゴンボール」は鳥山明の助言を無視して制作された
中国政府 ライトノベル禁止令を発動させる
韓国でKARAを主人公にしたアニメ制作 日本放送は未定
中国が本気で作った3Dアニメ「三国演義」
ディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ」は友情、努力、勝利!
ディズニーの短編アニメ「Paperman」を絶賛する声
中国のボーカロイドアニメ化 その後進展なし?
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
中国初の本格萌えアニメ「甜心格格」
中国で視聴率1位の人気アニメ「熊出没」
二頭身キャラが暴れまくる中国アニメ「果宝特攻」
格闘シーンがダサい中国の人気アニメ「如意兔之紅晶石」
日本よ驚嘆せよ 中国劇場版アニメ「魁拔」の続編公開へ
中国アニメ「Back to the Sea」がアメリカ市場へ進出決定
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」


ギャグマンガ日和 3 増田こうすけ劇場 (ジャンプ・コミックス)
集英社
増田 こうすけ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ギャグマンガ日和 3 増田こうすけ劇場 (ジャンプ・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル