ディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ」は友情、努力、勝利!

ディズニーの新作劇場版アニメ「シュガー・ラッシュ」が大ヒットと報じられており、「トイ・ストーリー」以来の傑作との評判です

ディズニー・アニメ躍進の秘密は?最新作プロデューサーが明かす

ディズニーのプロデューサーが現場の改革を強調している記事ですが、ここで語られている内容が事実なのかどうかは疑わしい限りです
2010年の作品「塔の上のラプンツェル」は記事にもあるように、世界中で6億ドル(約540億円・1ドル90円計算)近い興行収入を上げ、大ヒットしたのは間違いありません
しかし、ディズニーは実写版の映画である「ジョン・カーター」を「ディズニー110周年記念作品」と銘打ち、制作費及び宣伝費に3億5千万ドル注ぎ込んで公開したものの、北米興行成績はぱっとせず赤字になっています(北米と日本以外ではそこそこヒットした映画です)
もちろん「ジョン・カーター」に、上記の記事で取り上げられているクラーク・スペンサーは関与していないのでしょう
しかし、「ジョン・カーター」がディズニーの社運を賭けた作品であったことを考えれば、クラーク・スペンサーによるディズニーの組織改革の話も巨大企業の一角で行われたささやかな試み、と解釈すべきでしょう
さて、話が逸脱してしまいました。「シュガー・ラッシュ」の話題に戻ります
作品はまさに少年ジャンプの「友情、努力、勝利」を体現した内容です
「シュガー・ラッシュ」の予告編はディズニーの公式サイトで閲覧できます

「シュガー・ラッシュ」公式サイト

「あきらめちゃダメだ」と再三強調しており、なんとも説教臭いアニメに仕上がっています。中国のアニメか、と思ってしまうほどです(苦笑)
世の親たちはこんなディズニー・アニメを、「安心してこどもに見せられる」と歓迎するのでしょう
いかにもアメリカらしい「ヒーロー譚」であり、「あきらめない」→「夢は叶う」との図式に則ったハッピーエンドの描くためのアニメです
クラーク・スペンサーにすれば、「これこそがアニメだ」と言いたいのかもしれません
日本のアニメのように主人公の葛藤を掘り下げたり、内面に抱える傷を描き出したりはしません。それ故、深みも彩りの欠けた平板な世界観しか提示できないのでが…
またどこかのジャーナリストが勘違いをし、日本のアニメ業界は「シュガー・ラッシュ」のような作品をこそ作るべきだ、と言い出すのでしょう

(関連記事)
ディズニーの記念すべき大コケ映画「ジョン・カーター」近日公開
ディズニーの短編アニメ「Paperman」を絶賛する声
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言
「中国のギャグアニメが人気」も、中身は日本式ギャグ連発
中国が最新兵器を萌えキャラ化
「攻殻機動隊」新シリーズ起動
「欧米のテレビアニメが日本みたいになるには?」との議論
「大衆文化の日韓戦争」と煽る韓国メディア
韓国メディア「レ・ミゼラブルは親日ニダ」と騒ぐ
「日本アニメは文化侵略だ」と書く産経新聞
二頭身キャラが暴れまくる中国アニメ「果宝特攻」
格闘シーンがダサい中国の人気アニメ「如意兔之紅晶石」
中国が本気で作った3Dアニメ「三国演義」
韓国でKARAを主人公にしたアニメ制作 日本放送は未定
中国政府 ライトノベル禁止令を発動させる
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?


塔の上のラプンツェル [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-11-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 塔の上のラプンツェル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル