江田島で中国人研修生が8人殺傷

農業や水産業の現場に中国から研修生名義で低賃金労働者を受け入れ、働かせている実態があるのは承知していましたが、まさにそんな職場で8人が殺傷される事件が発生しました


広島県江田島市のカキ養殖加工場の8人殺傷事件で、広島県警は19日、「川口水産」社長の川口信行さん(55)を刺殺したとして、入院治療のため一時釈放していた中国人技能実習生、陳双喜容疑者(30)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者によると、調べに対して「自由になりたかった」と供述している。
陳容疑者は昨年5月に来日。川口水産では、加工場に住み込みで働いていた。県警は中国の家族と離れて暮らす中で、孤立を深め、精神的に追い詰められていった可能性もあるとみて調べる。
逮捕容疑は、3月14日午後4時半ごろ、川口水産加工場で、川口さんの胸を刃物で刺して殺害した疑い。県警によると、陳容疑者は「殺すつもりだった」と容疑を認めている。
また致命傷となった凶器の包丁は、陳容疑者が事件直前までいた自室から持ち出したものとみられることが新たに判明。加工場にはカキ打ち用の刃物は置いてあるが、包丁は置いていなかった。
県警によると、陳容疑者は、同社作業員の橋下政子さん(68)も殺害し、6人をスコップで殴るなどして負傷させた。
(共同通信の記事から引用)


陳双喜容疑者(30歳)は自ら胸など数カ所を刺しており、治療のため病院に送られています。自殺を図ったのか、興奮のあまり行動に歯止めが効かず自傷したのかは不明です
上記の記事からも日本の暮らしに馴染めず、鬱々とした日々を過ごしていたのは明らかですが、だからといって無差別殺人に走るとは限りません
憎悪の対象が社長であるなら、社長だけを殺害して終わりそうなものです
しかし、陳容疑者は他の従業員も次々と襲っているのですから、社長のみならず職場(と、そこで働く人たち)を破壊しようとする衝動に駆られ、凶行に及んだと考えられます
本人がどこまで自らの心情や犯行の意図を説明できるのか、取り調べてみなければ分かりません
しかし、前日までいつもどおりの仕事をこなしていたのであれば精神障害の可能性はなく、善悪の判断は十分にできたのでしょう
それほど日本での仕事が嫌で、職場に不満があるのならさっさと帰国すればよいものを、帰国しなかった理由・事情があるのでしょうか?
日本への研修生派遣にあたっては、正体不明なブローカー(日本人だったり中国人だったりが間に入り、研修生を集める手配師のような仕事をしています。さらに賃金を前払いで建て替えたりもするようです。つまり研修生たちは来日した時点で手配師に百万円単位の借金をしており、これを返済するには日本で働き続けるしかない、という状況にはめられているわけです
陳容疑者の場合はどうなのか、捜査が進めば明らかになるのでしょう
「研修制度」の名のもとに奴隷のような強制労働があるとすれば、我が国にとっても不名誉な話です。雇用の実態が不明瞭なこうした中国人の研修名目での来日・就労は見直すべきだと考えます

(関連記事)
8人を殺傷した中国人実習生 その後
江田島9人殺傷事件中国人被告が出廷拒否
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
蟹江町3人殺傷犯林振華被告 最高裁も死刑支持
稲盛和夫氏「中国は『徳』の文化を持った知識人が多い」発言
中国人容疑者を射殺した警官に正当防衛判決
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
秋葉原17人殺傷事件を考える4 加藤智大の甘え
取手バス襲撃事件 無差別に乗客を襲う
パチンコ店放火殺人で死刑判決
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?
熊谷6人殺害事件を考える4 犯行を否認
熊谷6人殺害事件を考える5 「精神鑑定は必要ない」
世田谷一家殺害事件から15年
楽天ポイント不正使用で中国人留学生逮捕


まやかしの外国人研修制度 (GENJINブックレット)
現代人文社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まやかしの外国人研修制度 (GENJINブックレット) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル