体罰教師はなぜ体罰を繰り返すのか 研修も中身なし 

大阪市立桜宮高校の事件以来、各地の学校で体罰を行なっていた教師が処分を受ける事案が相次いでいます
それだけ教育現場では体罰が横行しており、これまで表沙汰にならなかっただけなのでしょう
J-CASTニュースが体罰を繰り返す教師について記事を掲載しています
体罰を行った教師は懲戒処分を受け、重い事案の場合は数ヶ月の停職処分が科せられます。その停職処分中、体罰を行わないよう研修を受ける決まりなのですが、体罰を報じた新聞記事を読ませる程度で具体性のない研修がまかり通っていると、指摘しています

体罰教師はなぜ体罰を繰り返す 処分されても「更正しない」不思議

日本で学校教育が行われるようになって随分と経ちます。これまで教師の在り方や指導方法について議論が積み重ねられ、研究されてきたはずですが、体罰に走る教師についての指導方法や指導案が欠けているというのは驚きです
教育界が教師の体罰を問題視してこなかったからなのでしょうか?
体罰に走る教師は身体への暴力や言葉の暴力によって生徒を屈服させ、黙らせ自分の意に従わせようとするわけですが、その背景についてはよくよく考える必要があります
上記の記事では体罰に走る教師は体罰を受けた経験があり、その経験を踏襲しているのだと説明しています
ですが、それだけが要因とは限りません
個々の教師ごとにその体罰の態様を調べ、いかなる考えが行動に反映しているのか、懲戒審査の際に踏み込んで分析する必要があります
個人のパーソナリティに問題があるのか、誤った教育理論やひとりよがりな指導方法に問題があるのか、きちんと検証した上で教師には「体罰に依存しないための研修」を実施するべきでしょう
形式的な研修(本を読ませたり研修教材としてのビデオを視聴させたり、反省文を書かせるだけ)では何の効果も期待できません

(関連記事)
中学体罰教師 上野宝博を懲戒免職
https://05448081.at.webry.info/202011/article_41.html
京都地裁 体罰教師の氏名公開を命じる判決
大阪の中学 桜宮高校の元体罰教諭をコーチに招く
体罰は必要だとする産経新聞の記事
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校の体罰教師起訴 平手打ちのビデオ
暴言を吐いて児童を追い詰める女性教諭
桜宮高校 体罰の元教師がテレビで謝罪
桜宮高校 自殺生徒が顧問に書いた手紙
桜宮高校 顧問の処分軽減の嘆願書に1100人が署名
桜宮高校 生徒への嫌がらせに対策なし
桜宮高校 部活再開を要求する生徒、保護者
桜宮高校 橋本大阪市長が小倉智昭を圧倒
桜宮高校 生徒の言い分を考える
桜宮高校 生徒がツイッターで飲酒喫煙自慢し炎上騒動
桜宮高校 「受験生の夢を奪うな」との主張
桜宮高校 体罰教師は土下座していた
桜宮高校 入試中止を求める橋下市長
桜宮高校 入試を実施すべきか否か
桜宮高校 体罰教師は今何をしているのか?
桜宮高校 体罰を隠蔽する校長
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情
陸上の名門 豊川工業高校でも体罰
女子柔道園田監督 辞意を表明
柔道オリンピック代表暴力問題 コーチ、理事の辞任相次ぐ
高校教諭が子猫を生き埋めに


しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ
童話館出版
森田 ゆり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル